イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働

植物工場IT活用事例セミナー

 イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補光を採用した多段式の太陽光利用型植物工場の建設・運営を開始した。

同機関は、栽培品目や目的(試験栽培・大規模運営ノウハウの確立など)に合わせて、面積の異なる40以上の植物工場を稼働させている。今回の多段式施設もパートナー企業とともに、新たな栽培技術の実証試験を行っていく。

同機関は2001年に設立し、施設園芸分野の技術開発を行っている。

生産者や大学・研究機関と連携しながら研究開発を進めており、教育や研修施設の役割を果たすとともに、あくまで民間企業として様々なサービスを提供することで、独立的な機関となっている。
※ 写真は同社WEBサイトから引用

イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
例えば、生産現場への支援として、農薬や土壌・水などの分析、幅広い植物の病理診断サービス、多数の温室ハウスを保有していることから新品種や新技術の評価・開発などを有料サービスとして提供している。今回、新たに建設した施設も、複数企業との共同研究プロジェクトとして進めていく、という。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。