モスフードサービス、生鮮野菜の安定した調達など協力体制強化を目指し農業生産法人を設立

 モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスでは、モスバーガー店舗で使用する生鮮野菜の安定した調達と産地との協力体制強化を目指し、農業生産法人・株式会社モス・サンファームむかわ(北海道勇払郡むかわ町)を設立しました。2015年5月より本格的な作付けを開始します。

夏季の高温リスク、台風被害リスクの少ない北海道に農場を作ることで、全国的にトマトが不足しがちな秋期(9月〜11月)の生産量の底上げを図ります。当初は、糖度や酸味に優れたトマト約140トン(年間収穫総量)を生産する計画です。当社として、農業生産法人を設立するのは4例目となります。

*2006年に株式会社サングレイス(静岡県菊川市)、2013年に株式会社モスファーム熊本(熊本県八代市)、2014年4月に株式会社モスファームすずなり(静岡県磐田市)を設立しました。

モスフードサービス、生鮮野菜の安定した調達など協力体制強化を目指し農業生産法人を設立

 株式会社モス・サンファームむかわはモスフードサービスと中奥 三徳(なかおく みつのり)氏との共同出資会社で、資本金は4,500万円です。当社は、新会社に対し3,500万円を出資し、77.8%の株式を保有する株主となりますが、議決権ベースは24.8%で1/4以下(※1)となります。

共同出資者の中奥 三徳氏は、鵡川農業協同組合(JAむかわ)のトマト部会に属しており、以前より当社の協力産地として、この部会からトマトの供給を行ってきました。研修生を町内に独立させるなど生産者の育成にも積極的です。

※1 一般株式会社の農業生産法人への出資について
農地法により「株式の譲渡制限」があり、農業関係者(農家、農協等)以外の構成員は、総議決権の1/4以下と決められています。

<株式会社モス・サンファームむかわ 概要>
 株式会社モス・サンファームむかわは、北海道勇払郡むかわ町に位置し、圃場総面積は約2.2ヘクタール(約6,700坪)です。2014年11月までに、1,000坪の耐候性ハウスを3棟建設予定で、食味に優れた当社の規格にあう大きいサイズのトマトを中心に生産します。トマト栽培が終了した冬期〜春期には、レタスの栽培にも取り組む計画です。

 農場予定地の北海道勇払郡むかわ町鵡川地区は、北海道の道央圏に位置し、南は太平洋に面しています。地域を横断する一級河川「鵡川」に沿って水田を主体とする農用地が開け、冬も比較的に温暖で、降雨量及び降雪量とも少ないほうです。日照時間が長い気象条件を生かしハウス栽培が盛んです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  4. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  6. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  7. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  8. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  9. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  10. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  2. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  3. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  4. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
ページ上部へ戻る