モスフードサービス、生鮮野菜の安定した調達など協力体制強化を目指し農業生産法人を設立

 モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスでは、モスバーガー店舗で使用する生鮮野菜の安定した調達と産地との協力体制強化を目指し、農業生産法人・株式会社モス・サンファームむかわ(北海道勇払郡むかわ町)を設立しました。2015年5月より本格的な作付けを開始します。

夏季の高温リスク、台風被害リスクの少ない北海道に農場を作ることで、全国的にトマトが不足しがちな秋期(9月〜11月)の生産量の底上げを図ります。当初は、糖度や酸味に優れたトマト約140トン(年間収穫総量)を生産する計画です。当社として、農業生産法人を設立するのは4例目となります。

*2006年に株式会社サングレイス(静岡県菊川市)、2013年に株式会社モスファーム熊本(熊本県八代市)、2014年4月に株式会社モスファームすずなり(静岡県磐田市)を設立しました。

モスフードサービス、生鮮野菜の安定した調達など協力体制強化を目指し農業生産法人を設立

 株式会社モス・サンファームむかわはモスフードサービスと中奥 三徳(なかおく みつのり)氏との共同出資会社で、資本金は4,500万円です。当社は、新会社に対し3,500万円を出資し、77.8%の株式を保有する株主となりますが、議決権ベースは24.8%で1/4以下(※1)となります。

共同出資者の中奥 三徳氏は、鵡川農業協同組合(JAむかわ)のトマト部会に属しており、以前より当社の協力産地として、この部会からトマトの供給を行ってきました。研修生を町内に独立させるなど生産者の育成にも積極的です。

※1 一般株式会社の農業生産法人への出資について
農地法により「株式の譲渡制限」があり、農業関係者(農家、農協等)以外の構成員は、総議決権の1/4以下と決められています。

<株式会社モス・サンファームむかわ 概要>
 株式会社モス・サンファームむかわは、北海道勇払郡むかわ町に位置し、圃場総面積は約2.2ヘクタール(約6,700坪)です。2014年11月までに、1,000坪の耐候性ハウスを3棟建設予定で、食味に優れた当社の規格にあう大きいサイズのトマトを中心に生産します。トマト栽培が終了した冬期〜春期には、レタスの栽培にも取り組む計画です。

 農場予定地の北海道勇払郡むかわ町鵡川地区は、北海道の道央圏に位置し、南は太平洋に面しています。地域を横断する一級河川「鵡川」に沿って水田を主体とする農用地が開け、冬も比較的に温暖で、降雨量及び降雪量とも少ないほうです。日照時間が長い気象条件を生かしハウス栽培が盛んです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  2. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  3. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  4. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  5. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  6. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  7. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  8. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  9. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  2. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
ページ上部へ戻る