燃料代などコスト上昇に対して4割が「対策なし」 電気代の負担感も大幅に上昇

 日本政策金融公庫は9月25日、2014年上半期農業景況調査の結果を発表した。それによると、燃料代などコスト上昇に対し、生産者の4割弱が「対策がない」と答えたことがわかった。最近特に負担が増えたと感じる生産コストを聞くと、「耕種」では燃料代の83.9%、「畜産」では飼料代の87.0%がトップとなっている(表:価格が上昇し、最近、特に負担が増えたと感じるもの(複数回答可、2つまで)。

燃料代などコスト上昇に対して4割が「対策なし」 電気代の負担感も大幅に上昇

 2012年上半期と比べたところ、電気代のコスト負担感については、「きのこ」が64.6%(2012年41.7%)、「養豚」が50.5%(同29.6%)、「採卵鶏」が37.5%(同25.2%)、「ブロイラー」が41.5%(同29.5%)、「施設花き」が33.1%(同21.8%)など、空調管理する業種で大幅に増えていた。

生産コスト増加対策として実施していることを尋ねると、「対策がない」が37.2%で最も多く、以下、「使用料の変更」が29.3%、「安価な物への変更」が18.4%、「調達先の変更」が9.6%と続いた。一方、「生産物販売価格への転嫁」は5.4%と最も低く、販売価格への転嫁は難しいことが推測できる。

「対策がない」が最も多かった理由としては、「燃料代、飼料代のいずれも国際商品市況や為替という他律的な要素が大きいため」と分析。また、「対策がない」と回答した業種別の割合を見ると、「ブロイラー」の51.9%、「肉用牛」の45.0%、「茶」の42.2%が特に高くなっていた。

調査時期は2014年7月。調査対象は日本公庫の融資先で、7,690の生産者から有効回答を得た。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  2. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  4. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  5. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  8. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  9. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  10. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
  2. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  3. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  4. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
ページ上部へ戻る