燃料代などコスト上昇に対して4割が「対策なし」 電気代の負担感も大幅に上昇

 日本政策金融公庫は9月25日、2014年上半期農業景況調査の結果を発表した。それによると、燃料代などコスト上昇に対し、生産者の4割弱が「対策がない」と答えたことがわかった。最近特に負担が増えたと感じる生産コストを聞くと、「耕種」では燃料代の83.9%、「畜産」では飼料代の87.0%がトップとなっている(表:価格が上昇し、最近、特に負担が増えたと感じるもの(複数回答可、2つまで)。

燃料代などコスト上昇に対して4割が「対策なし」 電気代の負担感も大幅に上昇

 2012年上半期と比べたところ、電気代のコスト負担感については、「きのこ」が64.6%(2012年41.7%)、「養豚」が50.5%(同29.6%)、「採卵鶏」が37.5%(同25.2%)、「ブロイラー」が41.5%(同29.5%)、「施設花き」が33.1%(同21.8%)など、空調管理する業種で大幅に増えていた。

生産コスト増加対策として実施していることを尋ねると、「対策がない」が37.2%で最も多く、以下、「使用料の変更」が29.3%、「安価な物への変更」が18.4%、「調達先の変更」が9.6%と続いた。一方、「生産物販売価格への転嫁」は5.4%と最も低く、販売価格への転嫁は難しいことが推測できる。

「対策がない」が最も多かった理由としては、「燃料代、飼料代のいずれも国際商品市況や為替という他律的な要素が大きいため」と分析。また、「対策がない」と回答した業種別の割合を見ると、「ブロイラー」の51.9%、「肉用牛」の45.0%、「茶」の42.2%が特に高くなっていた。

調査時期は2014年7月。調査対象は日本公庫の融資先で、7,690の生産者から有効回答を得た。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  4. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  6. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  7. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  8. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  9. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  2. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  3. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
  4. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
ページ上部へ戻る