燃料代などコスト上昇に対して4割が「対策なし」 電気代の負担感も大幅に上昇

 日本政策金融公庫は9月25日、2014年上半期農業景況調査の結果を発表した。それによると、燃料代などコスト上昇に対し、生産者の4割弱が「対策がない」と答えたことがわかった。最近特に負担が増えたと感じる生産コストを聞くと、「耕種」では燃料代の83.9%、「畜産」では飼料代の87.0%がトップとなっている(表:価格が上昇し、最近、特に負担が増えたと感じるもの(複数回答可、2つまで)。

燃料代などコスト上昇に対して4割が「対策なし」 電気代の負担感も大幅に上昇

 2012年上半期と比べたところ、電気代のコスト負担感については、「きのこ」が64.6%(2012年41.7%)、「養豚」が50.5%(同29.6%)、「採卵鶏」が37.5%(同25.2%)、「ブロイラー」が41.5%(同29.5%)、「施設花き」が33.1%(同21.8%)など、空調管理する業種で大幅に増えていた。

生産コスト増加対策として実施していることを尋ねると、「対策がない」が37.2%で最も多く、以下、「使用料の変更」が29.3%、「安価な物への変更」が18.4%、「調達先の変更」が9.6%と続いた。一方、「生産物販売価格への転嫁」は5.4%と最も低く、販売価格への転嫁は難しいことが推測できる。

「対策がない」が最も多かった理由としては、「燃料代、飼料代のいずれも国際商品市況や為替という他律的な要素が大きいため」と分析。また、「対策がない」と回答した業種別の割合を見ると、「ブロイラー」の51.9%、「肉用牛」の45.0%、「茶」の42.2%が特に高くなっていた。

調査時期は2014年7月。調査対象は日本公庫の融資先で、7,690の生産者から有効回答を得た。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  2. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  4. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  5. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  6. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  7. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  8. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  9. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  10. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  2. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  3. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  4. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
ページ上部へ戻る