沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ

 沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植物工場を開設した。栽培したレタスなどの野菜を6月から試験的に、スーパーのリウボウストアの一部店舗で販売を開始する。

同社では2013年、地域経済の発展や活性化を目的として、南城ネットワークセンター内に、約80平方メートルの鉄骨造り平屋建ての植物工場を建設。社内ベンチャー制度による人材育成の一環として、植物工場の実証事業を開始した。

設備面では、全国13都道府県や南極の昭和基地で植物工場の運営を手掛ける「みらい」と施設内の温度管理や水と肥料の利用方法などで業務提携。自社のネットワークを使った遠隔監視制御システムを構築するなど、採算性が取れる収益体制を構築できるか検証している。

植物工場施設では、レタスやバジルなどのハーブ類を栽培。1日で約300株を収穫し、工場内で袋詰めまで行う。収穫した野菜は、ホテルや飲食店向けに販売しているほか、社員食堂で従業員向けにも販売している。沖縄のリウボウストア向けに販売する野菜は、全国的に知名度の高い「みらい畑」ブランドとして出荷する。

同社では試験的な販売状況などを見ながら、工場の増床を検討するほか、将来的には、県内農家にも普及活動を行っていく方針である。

※ 植物工場ベンチャーの「株式会社みらい」は破綻。別会社へ事業譲渡され、MIRAI株式会社として事業を継続中

関連記事
沖縄セルラー電話、植物工場による実証試験を開始
沖縄セルラー電話、家庭用IoT水耕栽培・植物工場キット「やさい物語」を発売