完全人工光型では青森県内初の施設がオープン。既存のクリーンルーム工場を改修・蛍光灯にてリーフレタスを生産

青森県五戸町にて電子部品製造業を行う安部製作所では、人工光型植物工場では県内初の施設を開設し、2月26日からレタスの出荷を始めた。光源は蛍光灯を採用し、準クリーンルームにて通年栽培を目指す。新設された施設は、県の植物工場関連産業支援事業を活用し、2013年から事業化に着手。同12月、約4千万円をかけて既存の工場(クリーンルーム)を改修し、人工光型水耕栽培ユニットを導入。従業員6人でレタス4品種の栽培を始めた。


工場は延べ床面積が約300平方メートルで、1階が育苗室、2階が栽培室。育苗室では種をまいてから約30日間、水耕栽培の養液を自動散布し、苗に成長させる。22度に保たれた栽培室では、夜間を中心に蛍光灯の光を1日12時間当てて成長を促す。最短で種まきから40日で出荷できるという。


生産量は1日当たりレタス460株、年間で16万8千株の生産が可能。同社によると、「クリーン・キラキラ・ベジタブル」の名称で、県内のカブセンターとベニーマートで販売しており、3月上旬からは、よこまちストアでも取り扱う予定。えぐ味が少なく、みずみずしくて柔らかい食感が特徴である。


同社は1968年の創業以来、液晶パネルなどを製造してきたが、15年ほど前から業界の環境変化により受注が減少。経営の多角化を検討してきた。同社の安部社長は「今後は機能性野菜の栽培など事業拡大を図り、地元の農業や雇用の拡大に貢献したい。電気などコスト面での課題はあるが、努力次第で十分にやっていけると思う」と話している。(参考:デーリー東北新聞社より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  2. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  3. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  4. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  5. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  6. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  7. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  8. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  9. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  10. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  2. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  3. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  4. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
ページ上部へ戻る