完全人工光型では青森県内初の施設がオープン。既存のクリーンルーム工場を改修・蛍光灯にてリーフレタスを生産

青森県五戸町にて電子部品製造業を行う安部製作所では、人工光型植物工場では県内初の施設を開設し、2月26日からレタスの出荷を始めた。光源は蛍光灯を採用し、準クリーンルームにて通年栽培を目指す。新設された施設は、県の植物工場関連産業支援事業を活用し、2013年から事業化に着手。同12月、約4千万円をかけて既存の工場(クリーンルーム)を改修し、人工光型水耕栽培ユニットを導入。従業員6人でレタス4品種の栽培を始めた。


工場は延べ床面積が約300平方メートルで、1階が育苗室、2階が栽培室。育苗室では種をまいてから約30日間、水耕栽培の養液を自動散布し、苗に成長させる。22度に保たれた栽培室では、夜間を中心に蛍光灯の光を1日12時間当てて成長を促す。最短で種まきから40日で出荷できるという。


生産量は1日当たりレタス460株、年間で16万8千株の生産が可能。同社によると、「クリーン・キラキラ・ベジタブル」の名称で、県内のカブセンターとベニーマートで販売しており、3月上旬からは、よこまちストアでも取り扱う予定。えぐ味が少なく、みずみずしくて柔らかい食感が特徴である。


同社は1968年の創業以来、液晶パネルなどを製造してきたが、15年ほど前から業界の環境変化により受注が減少。経営の多角化を検討してきた。同社の安部社長は「今後は機能性野菜の栽培など事業拡大を図り、地元の農業や雇用の拡大に貢献したい。電気などコスト面での課題はあるが、努力次第で十分にやっていけると思う」と話している。(参考:デーリー東北新聞社より)