完全人工光型では青森県内初の施設がオープン。既存のクリーンルーム工場を改修・蛍光灯にてリーフレタスを生産

青森県五戸町にて電子部品製造業を行う安部製作所では、人工光型植物工場では県内初の施設を開設し、2月26日からレタスの出荷を始めた。光源は蛍光灯を採用し、準クリーンルームにて通年栽培を目指す。新設された施設は、県の植物工場関連産業支援事業を活用し、2013年から事業化に着手。同12月、約4千万円をかけて既存の工場(クリーンルーム)を改修し、人工光型水耕栽培ユニットを導入。従業員6人でレタス4品種の栽培を始めた。


工場は延べ床面積が約300平方メートルで、1階が育苗室、2階が栽培室。育苗室では種をまいてから約30日間、水耕栽培の養液を自動散布し、苗に成長させる。22度に保たれた栽培室では、夜間を中心に蛍光灯の光を1日12時間当てて成長を促す。最短で種まきから40日で出荷できるという。


生産量は1日当たりレタス460株、年間で16万8千株の生産が可能。同社によると、「クリーン・キラキラ・ベジタブル」の名称で、県内のカブセンターとベニーマートで販売しており、3月上旬からは、よこまちストアでも取り扱う予定。えぐ味が少なく、みずみずしくて柔らかい食感が特徴である。


同社は1968年の創業以来、液晶パネルなどを製造してきたが、15年ほど前から業界の環境変化により受注が減少。経営の多角化を検討してきた。同社の安部社長は「今後は機能性野菜の栽培など事業拡大を図り、地元の農業や雇用の拡大に貢献したい。電気などコスト面での課題はあるが、努力次第で十分にやっていけると思う」と話している。(参考:デーリー東北新聞社より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  2. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  3. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  4. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  5. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  6. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  7. NYの公園・コミュニティーガーデン。トランプ政権により都市型農業が壊滅する可能性も
     緑の街、ニューヨークでもトランプ政権の影響を大きく受けている。公園・緑が多い大都市として有名なニュ…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  9. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  10. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  2. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  4. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
ページ上部へ戻る