ホームレス就労支援NPOに野菜工場を寄贈 大阪・西成で試験運用 将来的に受給者やホームレスの雇用につなげる計画(株式会社シナジーテック)

野菜を室内で人工的に栽培する「野菜工場」の照明器具などを製造するシナジーテック(大栗克俊社長)が、大阪市西成区のあいりん地区でホームレスの就労支援などに取り組むNPO法人「釜ヶ崎支援機構」(山田実理事長)に、野菜工場一式を寄贈した。大阪市西成区は、生活保護受給者の割合が高く将来的に受給者やホームレスの雇用につなげる方針。


寄贈された野菜工場一式の内訳は水耕栽培用水槽とレタスと水菜の苗計およそ100株。工場は水耕栽培用水槽(幅1.8メートル、奥行き0.6メートル)3段に、LED照明が付いており1段に30〜40株が植えられる。


この野菜工場は天候に左右されないため生育が安定し、約40日で収穫できる。工場は釜ヶ崎支援機構が管理し、生活保護受給者やホームレスが野菜の栽培や販売に関われる仕組みを目指す。また、大阪市が年度末に経費や収穫量から採算性を検討し、バジルなど単価の高い植物の栽培や、未利用地を活用して菜園を作ることも計画している。(参考:2013年6月15日 毎日新聞より)