農作物の養液・水耕栽培における高機能抗菌めっき技術の有効性を確認。藻の発生や植物病原菌の抑制効果を確認(神戸製鋼所)

大阪府立環境農林水産総合研究所では、株式会社神戸製鋼所(以下、神戸製鋼)および森村商事株式会社(以下、森村商事)の依頼により、「KENIFINE(ケニファイン)」(以下、ケニファイン)の水耕栽培での利用の可能性を検証し、藻の発生や植物病原菌の抑制効果があることを確認した農業分野へのケニファインの応用は初めてであり、今後、農業用資材向けの新しい抗菌技術として様々な研究や利用拡大につながることが期待される。


KENIFINE(ケニファイン)とは、神戸製鋼が開発した優れた抗菌性を持つニッケル系の合金メッキ技術のこと。従来の抗菌技術よりも抗菌や防カビなどに優れた機器の加工が可能である。急性経口毒性試験など、抗菌製品協議会が定める各種安全性試験にも合格している。食品・厨房関係での飲食品機械部品、搬送ライン部品、家電・エアコン部品、養漁金網などで利用されている。




成果の概要
水耕(養液)栽培では、病害の発生や藻の発生を抑えるために栽培用資材の洗浄や消毒を実施しており、食品産業等で抗菌技術として利用されているケニファイン技術の農業分野での応用の可能性を検討した。

『ケニファインめっき』した金属板の上で病原菌の発芽抑制効果や防藻効果の確認を行った結果、トマト萎凋病菌(Fusarium oxysporum)やトマト根腐病菌(Pythium aphanidermatum)の胞子の発芽が抑制されることや防藻効果があることを確認した。また、ロックウール表面にケニファイン処理した場合、ロックウール中や養液中の藻の発生が抑えられることもわかった、という。

※ 詳細はプレスリリースをご参照下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  4. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  6. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  7. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  8. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  9. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  10. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  2. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  3. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  4. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
ページ上部へ戻る