米国ベンチャー、植物工場による野菜を学校へ販売。回転率・生産効率の良いミニ野菜を中心に

2015年に設立したインフィニット・ハーベスト社も完全人工光型植物工場による生産・販売を行っているベンチャー企業の一つである。こうした人工光型に挑戦するベンチャーは米国にて急増しているが、同社が他施設と異なる点は、販売ターゲットを地元の学校に設定している点だ。

シンガポール、植物工場などをバーチャル体感できるVRプログラムを学校に導入

シンガポールでは、メディア開発庁(IMDA)などが主体となって、バーチャルリアリティー(VR)による教育プログラムを学校や臨床トレーニングセンターに導入していく方針を発表した。現地企業でVRコンテンツ開発を行う民間企業の協力も得ながら、まずは5つの小学校に試験的に導入される計画。