都市部住民が安全に養蜂が可能なシステムを提供/洗練されたコンセプトが都市部のライフスタイルに最適(フィリップス社)

フィリップス社は過去にも、最先端のアクアポニクス・システムを提案していたが(関連サイト:英語)、今回は都市部住民に対して、家庭でも養蜂ができるシステムを提案している。現在は、まだコンセプト段階であり、実現にはもう少し時間が必要のようだが、簡単にご紹介しておく。

提案された装置は、窓の外と室内に設置するタイプであり、外型の部分には花が栽培可能なポットと内部へと続く入口がある。また、写真のように内部にある黄色のガラス構造の中には、綺麗な六角形のハチの巣が、うまく作れる仕組みになっている黄色のガラス構造は、ハチの目が見えやすいオレンジ波長の光を透過させるためである。
 
 
この他、都市部住民が安全に養蜂を行ってもらうため、ハチの巣を取り出す際には、ハチを眠らせるためにスモークを出すことができるように工夫されている。最近は国内外の都市部エリアで養蜂プロジェクト(デザイン性の高い商品・コンセプトを提供するケースが多い)が増えている。国内の代表的な事例では「銀座ハチミツプロジェクト」、その他にも「香港ハニー・プロジェクト」など、世界中でちょっとしたブームになっているようだ。今後もエキサイティングなシステムを提案するフィリップス社に注目していきたい。