北海道にて国内最大級(1haの温室ハウス)のホウレン草・水耕栽培施設が完成<テクノーカ本部>

茨城県の農業生産法人「テクノーカ本部」が昨年秋から幕別町途別で建設を進めていた、ホウレンソウの水耕栽培施設が完成した。ガラス温室は面積1ヘクタール。近く栽培に取り掛かり、生産が本格化すれば年間300トンの出荷を見込む(当初生産量は年間数十トンと見込み、段階的に増産していく計画)。
 
 
同施設は敷地面積3.8ヘクタールで、ガラス温室の他、育苗施設、水800トンをためるタンクなどを備える。建設費約5億5000万円。うち約2億6000万円は農水省の補助を受けた。同社によると、ホウレンソウの水耕栽培施設としては国内最大規模。
 
 
施設や栽培システムは水耕栽培の世界的先進地・オランダの技術を導入。温度や水溶液の管理などはコンピューターで自動制御する。温室は内部に仕切りがなく、升(奥行き1.2メートル、長さ6メートル)が並び、ホウレンソウの成長に合わせて施設内の収穫場所まで自動で移動する。ホウレンソウは苗を升に移植後、平均25日で出荷。ほぼ全量が本州方面に出荷される。従業員はパートも含め45人で、地元から採用する。
 
 
同社はグループ農場を含め、茨城県内など約50カ所でホウレンソウやコマツナ、シュンギク、ルッコラなどを水耕栽培し、関東に出荷。ホウレンソウは無農薬で栽培している。関東では夏場は気温が高く、生産量が落ち込んで需要に追いつかないことから、冷涼で大規模に生産できる北海道での生産を計画した
 
 
同社として関東以外では初めての農場となる。同社は、水耕栽培を行う個人経営の「テクノーカ甚左衛門」として1991年に創業。2005年に株式会社テクノーカ本部を設立した。4年前からは道内農産物の販売も手掛け、十勝の農家とも取引がある。道内各地を調査した上で、日照量や立地条件などから幕別での生産を決めた。当法人としても、今後の動向を継続的に調査していくことにする。<参考記事:十勝毎日新聞社ニュースなど>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  2. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  3. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  4. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  5. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  6. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  7. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  8. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  9. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  10. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  2. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  3. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  4. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
ページ上部へ戻る