「食べチョクコンシェルジュ」購入者の好みに合わせてオーガニック野菜を定期配送

 オーガニック農作物のCtoCマーケットプレイス「食べチョク」を運営する株式会社ビビッドガーデンは、 ユーザーの好みに合わせたオーガニック野菜が定期的に届くサービス「食べチョクコンシェルジュ」を2018年2月8日に開始する。

「食べチョクコンシェルジュ」購入者の好みに合わせてオーガニック野菜を定期配送
また、 エウレカ創業者 赤坂優、CAMPFIRE代表 家入一真、アドイノベーション代表 石森博光、 アカツキ代表 塩田元規ほか1名の個人投資家を引受先とした、総額4,000万円の第三者割当増資を実施した。


<食べチョクコンシェルジュについて>
「食べチョクコンシェルジュ」は、 事前に登録された購入者一人ひとりの食材の好みやオーガニック志向に合わせて、 オススメの農家から野菜セットが定期的に届くサービスです。

オーガニック農家のマーケットプレイス「食べチョク」には全国47都道府県100軒を超えるオーガニック農家が登録されており、 本サービスは「どの生産者/農作物を選んで良いかわからない」という方に向けてリリースいたしました。


「食べチョクコンシェルジュ」
 URL: https://www.tabechoku.com/concierge


[関連記事]
採れたてのオーガニック農作物を生産者から直接購入。産地直送サービス「食べチョク」ベータ版リリース
『クックパッドアクセラレータ』にオーガニック農作物のマーケットプレイス「食べチョク」が採択

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。