六甲山カンツリーハウス、冷涼気候を生かし、夏イチゴの収穫体験

 六甲山観光株式会社が運営する六甲山カンツリーハウスでは、隣接する約4,600平方メートルの遊休地を活用した「夏イチゴ」の摘み取り体験を主体とする体験型観光農園「六甲山の体験農園」を7月22日にオープンする。

六甲山カンツリーハウス、冷涼気候を生かし、夏イチゴの収穫体験
同体験農園では、六甲山の冷涼な気候を利用して、関西では珍しい夏イチゴ「品種:夏実(なつみ)」を栽培しており、「イチゴの摘み取り体験」「イチゴの摘み取り&ピザ作り体験」を実施します。また、ピーマン、なす、ししとう等の野菜の収穫も体験していただけます。


<六甲山の体験農園概要>
名称:六甲山の体験農園
所在地:神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98(六甲山カンツリーハウス内)
面積:約4,600平方メートル
施設:イチゴ栽培用ビニールハウス2棟(7.2m×20m・2連棟)及び、畑(約400平方メートル)
栽培品目:イチゴ(夏実 約2,000株)、野菜(ピーマン、なす、ししとう等)

六甲山カンツリーハウス、冷涼気候を生かし、夏イチゴの収穫体験六甲山カンツリーハウス、冷涼気候を生かし、夏イチゴの収穫体験
(1)夏採りイチゴとは
6月~11月にかけて収穫・出荷されるイチゴを指します。生産量は、冬春採りイチゴに比べると少なく、夏の暑さと乾燥を嫌うため北海道などの夏季冷涼な地域で多く栽培されています。

標高約850mに位置する六甲山カンツリーハウスでは冷涼な気候を利用し、夏イチゴの「夏実」の栽培を行っています。夏実は、ほかのイチゴに比べ固さがあり、香りがよく、形が綺麗なのが特徴です。


(2)手軽にアウトドアクッキング
六甲山カンツリーハウス内には、石窯やかまどなどの設備があり、手作りピザ教室やバーベキュー場などで利用しています。この設備を使い、秋には芋掘りと焼き芋の体験イベントなどを予定しています。


[関連記事]
太陽光型植物工場でもイチゴの周年栽培へ、新たな四季成り品種を開発
オリエンタルランド、ディズニー向けイチゴを北海道・ハウス高設栽培にて自社生産