ハンドルを押すだけで野菜の水切りができるスイスのキッチンツールが新登場

 170年以上の歴史を誇るドイツのキッチンウェアブランド「フィスラー」の日本法人であるフィスラージャパン株式会社は、輸入販売を手がけるスイスのキッチンツールブランド「zyliss」(チリス)より、ワンプッシュで素早く回転し、水切り力がパワーアップした、高性能の野菜水切り器【スウィフトドライ サラダスピナー】が2017年3月下旬に販売を開始した。


「チリス」の【スウィフトドライ サラダスピナー】は、面倒な野菜の水切りが、簡単・スピーディにできる優れものです。水を切る力が、従来品と比べて25%もアップしました。

しっかりと野菜の水を切ることで、食材本来の味を楽しめ、ドレッシングなどの調味料とよく絡み、普段のサラダが美味しくなります。油分・塩分が気になるドレッシングを少量で抑えることができ、ヘルシーに仕上がります。

片手でハンドルを押したら、そのまま回転し水切りをするため、ハンドルを回し続ける必要がありません。両手がふさがることがないので、他に調理をしながら水切りができます。

ボールの底には滑り止めのコーティングを施しており、水まわりで使用しても滑りにくい仕様です。ハンドルのロックボタンをセットすると、フタの部分が平らになり、コンパクトに収納できる設計です。そのまま冷蔵庫に入れることもでき、残った野菜の保存にも便利です。

透明のシンプルなデザインのボウルは、そのままテーブルにサーブできます。しっかりと水を切る、パワーアップした秘訣は、チリス独自の新技術「アクアベント」にあります。

特許を取得した「アクアベント」は、今までにない波型のバスケットにより空気を効率よく送り込み、野菜などをボウルの波型の溝に分散させるため、回転した際にかたよることなく水を勢いよく飛ばします。独特の波型をしたバスケットの形状と広い網目により、一度に多くの量の水を排出することが可能になりました。

フィスラージャパン株式会社URL http://www.fissler.jp/

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。