リビングファームによる人と植物の共生。家庭用の水耕キットを通じて新しいライフスタイルを実現

工業デザイン会社が家庭用の植物工場キットを開発

 家庭のリビングに安らぎの空間をつくりだし、新しいライフスタイルの実現に向けて植物工場・水耕キットを開発しているのが 株式会社リビングファームだ。1969年に創業し、73年に有限会社として法人化した同社の本業は自動車を中心とした工業デザインである。

かつては、ドリンクホルダーやチャイルドシートなど、新しいアイデアを形にすることが好きな代表の長尾氏が、2010年から開発・販売をスタートさせたのが家庭用の植物工場・水耕栽培キットである。自動車業界では環境意識が強く、自動車ライトのLED化を進む中で、こうしたLED光源を利用した新たなビジネスを検討していた、という。

リビングファームによる人と植物の共生。家庭用の水耕キットを通じて新しいライフスタイルを実現リビングファームによる人と植物の共生。家庭用の水耕キットを通じて新しいライフスタイルを実現

同社のオフィスには、自社開発した様々な製品が陳列され、緑の農園のような心地よい空間であった。社内の試験栽培では、白色LEDのみだと生長が悪かったことから、赤・青波長を含む植物育成用LED商品を自社開発・販売している。

リビングファーム商品の特徴

同社の家庭用・水耕キット商品「リビングファーム」には、以下のような特徴がある。

種子から生育させる独自システムを開発

独自開発した育苗トレー・育苗ポットでは、生長を促進させるために根への酸素供給ができる仕組みも導入した。その他、育苗トレーには竹の粉末を入れることで、防菌・防藻の役割も備わっている。

自由に移動・持ち運びができる

LED光源と栽培キット部分を分けることができるため、自由に移動・持ち運びできる。例えば、部屋の模様替えを行う際には、設置場所を変更できる。
また、昼間は窓側に設置することで、太陽光を利用して栽培しながら、曇り・雨や夜の時間帯だけLEDを照射して栽培することができる。

多くの葉物野菜を栽培できる

リーフレタス、ルッコラ、バジルをはじめとして約30種類の葉物野菜を栽培することができる。自社では現在までに70種類くらいを試験栽培している。技術的なハードルが高いものの、人気のあるアイスプラントやパクチーなどの栽培も可能であるが、最初はリーフレタスなどの簡単な栽培品種を推奨している。

低コスト&手間を必要とする管理方法

低コストを実現するために汎用性の高い部品を使用している。例えば、IKEAなどの家具に取り付ける商品も開発しており、DIY的に組み立てやデザインを自分自身で考え、楽しむ水耕栽培を目指している。

他社は電化製品として自動化を進めている商品が多いが、人と植物との共生を目指し、手間をかける栽培管理が同社の特徴でる。

リビングファームによる人と植物の共生。家庭用の水耕キットを通じて新しいライフスタイルを実現リビングファームによる人と植物の共生。家庭用の水耕キットを通じて新しいライフスタイルを実現

ボックス1つの小型水耕栽培器(横36cm)の商品と、ボックスを2つ並べた横60cmのワイドタイプ商品。小型の商品は20WのLED光源を採用しており、16時間照射の設定で、電気代が月に約130円となる。

今後の事業展開について

 個人からの購入だけでなく、最近では障害者施設など法人企業向けにも販売・納品を行っている。今後は、食に関するノウハウを持っているレストランや小さなジューススタンド等との連携も検討している。

その他、学校関係の教材としても販売していきたい、という。現在の文部科学省では「土」が基本だが、土も安全かどうか分からなくなっている現在、様々な考えを持つ親も多いことから、食育や科学教育も含めた水耕キットの普及に努めていく。

会社概要
社名:株式会社リビングファーム
オフィス:東京都中野区弥生町2-15-17 ニューライフアサヒ301
TEL:03-3378-5200
URL:http://www.living-farm.com/
通販サイト:http://shop.living-farm.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  4. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  5. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  6. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  9. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  10. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  2. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  3. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  4. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
ページ上部へ戻る