「ローソンファーム新潟のコシヒカリおにぎりセット」を関東甲信越エリアで発売

 株式会社ローソンは、2016年11月22日より、農業法人「株式会社ローソンファーム新潟」で生産された新米を使用した「ローソンファーム新潟のコシヒカリおにぎりセット」(税込360円)を、関東・甲信越エリアのローソン店舗(4,373店舗)で発売する。
また、11月30日より、新米を精米した「新潟県産こしひかり2kg」(税込950円)を、全国のローソンストア100(799店舗)にて発売する。(※店舗数は全て2016年10月末現在)
「ローソンファーム新潟のコシヒカリおにぎりセット」を関東甲信越エリアで発売
「ローソンファーム新潟」は、大規模農業の改革拠点として国家戦略特別区域に指定されている新潟市に2015年3月に設立されました。今年は栽培面積を2倍に広げ9月にコシヒカリ約44トンを収穫しました。

ローソンファーム新潟で栽培されたコシヒカリは甘みと香りのバランスが良く、程よい粘りが特徴です。昨年は、約15トンの米を収穫し「ローソンファーム新潟のコシヒカリおにぎり」を新潟県全域および長野県、東京都、千葉県の一部店舗(約580店舗)で約4万個を販売しました。収穫量が増えた今年は、販売エリアを関東・甲信越エリア全店(4,373店舗)へ広げ、18万個を販売する予定です。

■11月22日(火)発売
「ローソンファーム新潟のコシヒカリおにぎりセット」360円(税込)

【販売エリア】関東・甲信越のローソン店舗(4,373店舗)

「新潟の味を楽しめるおにぎり」をコンセプトにしたおにぎりと副菜のセットです。シンプルな味わいの塩にぎりと梅おにぎりに、佐渡の酒粕(尾畑酒造 真野鶴)で粕漬け焼きに仕立てた新潟県佐渡市で養殖した「佐渡サーモン」、新潟県の酒粕を練り込んだ「さつま揚げ」、ごはんとの相性の良い玉子焼をセットにしました。

■11月30日(水)発売
「ローソンファーム新潟米 新潟県産こしひかり 2kg」950円(税込)

【販売エリア】全国の「ローソンストア100」(799店舗)

「ローソンファーム新潟」は、今後100ha規模での米づくりを目標に、農地集約による大規模農業に取り組んでいます。生産した米は、ローソングループ店舗で販売する他、弁当やおにぎり等の中食商品の原材料として使用しています。
また、ローソンファーム新潟は、自社生産品以外にも新潟県で生産された野菜や果物をローソングループに供給するなど、新たな役割を担っています。

ローソンは新潟市と連携して、新潟ブランドの米・農産物の生産効率及び付加価値の向上を目指し、地域の活性化と農業の発展を推進してまいります。

■「ローソンファーム新潟」の概要
会社名:株式会社ローソンファーム新潟
住所:新潟県新潟市江南区大淵
面積:10ha
出資者:後藤竜佑 75%、(株)RAG10%、(株)ローソン15%
代表者:代表取締役 後藤竜佑
資本金:5,000,000円
栽培品目:米(コシヒカリ・こしいぶき)、さつまいも、ねぎ
収穫量:約68トン(コシヒカリ・こしいぶき)
販売額:約11百万円(2016年度計画 主食米販売計画)

■ローソンファームについて
ローソングループの店舗向けに、“安心・安全”な野菜等を安定供給することを目指し設立された農業法人です。2010年の「ローソンファーム千葉」設立を皮切りに全国に拡大し、現在全国に23ヶ所設立しています。農業の成長を目的に、若手生産者との取り組みやITを活用した生産管理、6次産業化の推進などを積極的に進めています。

「ローソンファーム」では、年間を通して計画的に農作物を生産するため安定供給が可能で、また、お客様に「安心・安全」を提供できるよう、野菜の生産履歴を管理し、店頭には生産者の顔が見えるPOPを貼り付けるなどの工夫をしています。また、ローソンファームで生産された農産物はパスタやサラダ、調理パン、デザートなどローソンのオリジナル商品の原材料にも使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  2. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  3. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  5. 日栄インテックG、コンテナ型植物工場「スーパーアグリプラント」の販売を開始
     日栄インテックグループは、配管支持金具・太陽光架台メーカーとして豊富な実績と、多年にわたる野菜栽培…
  6. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  7. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  8. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  9. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  10. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  2. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  3. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  4. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
ページ上部へ戻る