「ローソンファーム新潟のコシヒカリおにぎりセット」を関東甲信越エリアで発売

 株式会社ローソンは、2016年11月22日より、農業法人「株式会社ローソンファーム新潟」で生産された新米を使用した「ローソンファーム新潟のコシヒカリおにぎりセット」(税込360円)を、関東・甲信越エリアのローソン店舗(4,373店舗)で発売する。
また、11月30日より、新米を精米した「新潟県産こしひかり2kg」(税込950円)を、全国のローソンストア100(799店舗)にて発売する。(※店舗数は全て2016年10月末現在)
「ローソンファーム新潟のコシヒカリおにぎりセット」を関東甲信越エリアで発売
「ローソンファーム新潟」は、大規模農業の改革拠点として国家戦略特別区域に指定されている新潟市に2015年3月に設立されました。今年は栽培面積を2倍に広げ9月にコシヒカリ約44トンを収穫しました。

ローソンファーム新潟で栽培されたコシヒカリは甘みと香りのバランスが良く、程よい粘りが特徴です。昨年は、約15トンの米を収穫し「ローソンファーム新潟のコシヒカリおにぎり」を新潟県全域および長野県、東京都、千葉県の一部店舗(約580店舗)で約4万個を販売しました。収穫量が増えた今年は、販売エリアを関東・甲信越エリア全店(4,373店舗)へ広げ、18万個を販売する予定です。

■11月22日(火)発売
「ローソンファーム新潟のコシヒカリおにぎりセット」360円(税込)

【販売エリア】関東・甲信越のローソン店舗(4,373店舗)

「新潟の味を楽しめるおにぎり」をコンセプトにしたおにぎりと副菜のセットです。シンプルな味わいの塩にぎりと梅おにぎりに、佐渡の酒粕(尾畑酒造 真野鶴)で粕漬け焼きに仕立てた新潟県佐渡市で養殖した「佐渡サーモン」、新潟県の酒粕を練り込んだ「さつま揚げ」、ごはんとの相性の良い玉子焼をセットにしました。

■11月30日(水)発売
「ローソンファーム新潟米 新潟県産こしひかり 2kg」950円(税込)

【販売エリア】全国の「ローソンストア100」(799店舗)

「ローソンファーム新潟」は、今後100ha規模での米づくりを目標に、農地集約による大規模農業に取り組んでいます。生産した米は、ローソングループ店舗で販売する他、弁当やおにぎり等の中食商品の原材料として使用しています。
また、ローソンファーム新潟は、自社生産品以外にも新潟県で生産された野菜や果物をローソングループに供給するなど、新たな役割を担っています。

ローソンは新潟市と連携して、新潟ブランドの米・農産物の生産効率及び付加価値の向上を目指し、地域の活性化と農業の発展を推進してまいります。

■「ローソンファーム新潟」の概要
会社名:株式会社ローソンファーム新潟
住所:新潟県新潟市江南区大淵
面積:10ha
出資者:後藤竜佑 75%、(株)RAG10%、(株)ローソン15%
代表者:代表取締役 後藤竜佑
資本金:5,000,000円
栽培品目:米(コシヒカリ・こしいぶき)、さつまいも、ねぎ
収穫量:約68トン(コシヒカリ・こしいぶき)
販売額:約11百万円(2016年度計画 主食米販売計画)

■ローソンファームについて
ローソングループの店舗向けに、“安心・安全”な野菜等を安定供給することを目指し設立された農業法人です。2010年の「ローソンファーム千葉」設立を皮切りに全国に拡大し、現在全国に23ヶ所設立しています。農業の成長を目的に、若手生産者との取り組みやITを活用した生産管理、6次産業化の推進などを積極的に進めています。

「ローソンファーム」では、年間を通して計画的に農作物を生産するため安定供給が可能で、また、お客様に「安心・安全」を提供できるよう、野菜の生産履歴を管理し、店頭には生産者の顔が見えるPOPを貼り付けるなどの工夫をしています。また、ローソンファームで生産された農産物はパスタやサラダ、調理パン、デザートなどローソンのオリジナル商品の原材料にも使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  2. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  4. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  5. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  6. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  8. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  2. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  3. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  4. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
ページ上部へ戻る