トップリバーが「MotionBoard」で農場経営データを可視化、効率的な管理を実現

 農業生産法人有限会社トップリバーが、ウイングアーク1st株式会社のサービスである農作物の生育状況や農場経営データを情報活用ダッシュボード「MotionBoard」で可視化する基盤を構築し、農業経営に活用している。

 2000年に設立したトップリバーは、長野県内3つの産地の標高差を生かし、レタス、サニーレタス、グリーンリーフ、キャベツ、白菜などの野菜を生産している。

 同社が注力しているのがITの活用だ。2008年頃より、トレーサビリティーを確保する情報管理や各圃場における生産計画・実績管理といった業務のシステム化に積極的に取り組んできた。

 2014年には、トップリバーと地元行政、地元農家が協業し、作付面積100ヘクタールを超える高原レタス・キャベツの一大産地を形成する「富士見みらいプロジェクト」が発足。これを機に、システムの根幹を支える統合データベースを再構築し、そこに蓄積されたデータをより柔軟に見える化できるダッシュボードの構築に乗り出した。

 同社より相談を受けた日立ソリューションズ東日本は、農業情報の見える化に関してのノウハウと、農業分野において「MotionBoard」の活用実績が豊富だったことから「MotionBoard」を提案し、その柔軟なカスタマイズ性やスモールスタートがしやすいライセンス体系が評価され導入が決定した。

 こうした経緯を経て2015年7月に「MotionBoard」を導入したトップリバーは、日立ソリューションズ東日本よりトレーニングを受けた後、すぐに本格的な活用を開始した。日立ソリューションズ東日本とアイデアを出し合いながら、その場で要望を反映していくプロトタイピング手法を実践し、わずか半年足らずの短期間のうちに100種類を超えるダッシュボードを作成。

 これらのダッシュボードは、実際の業務で即座に効果を示し始めている。例えば、「圃場カルテ」は、圃場での日々の作業を通じた“気づき”を記録・管理し、そこから得られた知見を全員で共有している。

 また、生育状況の見える化では、作物の生育予測と生育日数(実績)を組み合わせた計画立案により、今まで以上に精度の高い出荷を実現している。さらに、農場経営の見える化では、農場ごとの収支状況をデイリーで表示するほか、前年同期との売上比較、農場間の実績比較などもダッシュボード上で簡単に行えるようになった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  2. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  3. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  4. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  5. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  6. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  7. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  8. オランダにて中国版植物工場・日光温室が稼働。アジアの高湿度環境に対応可能な栽培技術を取得へ
     オランダのワーヘニンゲン大学を中心としたチームは4月12日、中国版の太陽光利用型植物工場をオランダ…
  9. 植物工場ベンチャーBowery Farming社が750万ドルの資金調達に成功。地産地消型モデルの普及へ
     米国ニューヨークを拠点とするBowery Farming社は、完全人工光型植物工場による生産技術の…
  10. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  2. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  3. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  4. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
ページ上部へ戻る