リバネス、農地モニタリングデバイスのKakaxi社が農業データ事業で業務提携

 株式会社リバネスと、リバネスアメリカの出資先であるKakaxi,Inc.は、2016年11月より、農業生産の向上に寄与する各種データをより安価に取得することができる農地モニタリングデバイス「KAKAXI」の販売を開始する。
Kakaxi社がアメリカでデバイスの研究開発・製品化を行い、リバネスが日本の総代理店として農業生産法人や自治体、大学等への導入を行います。

販売に先立ち、10月12日より開催される第3回 国際次世代農業EXPOにて実機の展示および限定200台のモニター予約販売を行います。
リバネス、農地モニタリングデバイスのKakaxi社が農業データ事業で業務提携
 Kakaxi社は、一次産業を情報産業に変えることを目指し、アメリカにて農地モニタリングデバイスの開発、提供を行っています。このたび製品化を実現した「KAKAXI」は、太陽光稼働で内蔵されたカメラが定期的に農場を撮影し、同時に温度・湿度・日射量・雨量を測定します。

カメラ内蔵型の農地モニタリングデバイスとしては世界最小サイズとなります。計測データはデバイスに内蔵された3G通信で、クラウドにアップされウェブ経由で閲覧が可能です。

今後もオプション機能でECセンサや土壌水分量センサ、樹液流量センサを取り付け、取得可能なデータを拡充し、農業のIoT化をはかることで、さらなる農業生産の向上に寄与してまいります。

【第3回 国際次世代農業EXPO ブース概要】
会期:2016年10月12日[水]~14日[金] 10:00~18:00
※最終日14日(金)のみ17:00終了
会場:幕張メッセ / KAKAXIブース番号:No.6-14

2016年10月12日〜14日に幕張メッセで開催される第3回 国際次世代農業EXPOでは、初期費用0円、月額9,800円(税別)にてご利用いただけるモニターを募集いたします。限定200台となっておりますので、ぜひお早めにブースにお越しください。
なお、ご来場いただけない際には、以下に直接お問い合わせください。

※ 詳細プレスリリース: https://agri-ga.com/2016/10/11/kakaxi/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  3. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  4. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  5. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  6. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  7. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  8. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  9. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  10. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  2. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  3. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  4. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
ページ上部へ戻る