台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニクスまで幅広く出展

 前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日までの3日間「台湾 国際果実・野菜見本市2016」の展示会を高雄展示ホールにて開催するが、今回は注目の出展企業について、植物工場やアグリ企業を中心に紹介する。

本展示会は出展企業数150社(予定)、来場者数5,000名(予定)となっており、既に台湾だけでなく、マレーシア、タイ、ミャンマー、ベトナムといったアジア各国や、米国、南アフリカといった企業からの出展・参加が決定している。

植物工場プラントメーカー「3i Agritech」

3i Agritechでは、植物工場をはじめとする先端農業に関する事業計画、施設設計や栽培指導などトータル支援を行っている。同社では、LED光源やクリーンルームを活用した完全人工光型植物工場プラントを提案しており、低細菌を実現し、無農薬・重金属汚染のテストを合格し、水払い不要の安全・安心野菜の生産を進めている。

過去には台湾や中国本土にて植物工場プラントの販売だけでなく、小規模ながら自社施設も運営した実績を持つ。

日本と同様にリーフレタスやアイスプラントの他、日本では栽培されていないが、台湾では頻繁に利用する薬用植物の生産も提案している。研究開発では、既に10の植物工場関連の技術特許を取得している。
★ ホームページ: http://www.3i-agritech.com/
台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展

環境制御・統合型クラウドシステム「Sunmore Smart Technology」

同社では太陽光利用型~完全閉鎖型まで環境制御を実現するための統合型クラウドシステム(DM-9100P)を開発している。
太陽光利用型の場合は光量が不足した場合に自動でLEDを点灯させる補光制御の他、施設栽培や閉鎖型プラントの温度・湿度、CO2濃度などのセンサーから得たデータをモニタリング・統合管理し、最適環境条件を分析するシステムを開発した。
こうした自動制御システムを通じて、労働生産性を向上させ、農業の収益改善支援を行っている。
★ ホームページ: http://www.sunmoretek.com/

プラスチック成型・加工メーカー「Wang’s Brother Plastic」

同社では植物工場・施設園芸用の水耕栽培ポットを製造している。プラスチックの成型技術を生かし、商業用には顧客の要望に応じてカスタマイズした栽培ポットや水耕ベッドを、家庭用にはデザイン性の高い商品を提案している。

台湾では家庭用から、大規模な完全人工光型植物工場プラントまで、栽培ベッドは発砲スチロール製が主流である。しかし同社では、水漏れもなく、高度な養液制御ができるプラスチック加工した栽培トレイを提案している。
★ ホームページ: http://www.wangs-bro.com/

台湾アクアポニクス促進協会

魚の養殖と野菜の水耕栽培を一体化したシステム「アクアポニック」を普及させる台湾の団体であり、栽培技術の普及や人材育成・教育、安全性に関する基準・認証制度の整備などを行っている。日本と比較すると、台湾は大規模なアクアポニクス施設(太陽光利用型の施設栽培)が稼働しており、注目テーマの一つとなっている。
★ ホームページ: http://www.tapa.org.tw/
★ Pic: https://www.facebook.com/tapa.org.tw/
台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展

ハウス土耕によるベビーリーフの生産・販売「Yumei Yen」

Sinon Corpの子会社として設立された同社では、ベビーリーフや生で食べられるスウィートコーンの販売を行っている。
台湾でも若い層を中心に生サラダを食べる習慣が定着しつつある。こうした生サラダ向けに栄養価の高いベビーリーフを主にハウス土耕にて生産している。

同社の商品は台湾のスーパーやレストランにて販売されているが、今後は中国本土やアジア圏など海外市場への輸出も視野に入れている。
★ ホームページ(親会社): http://www.sinon.com.tw/
台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展

展示会・開催概要「台湾 国際果実・野菜見本市2016」

■ 日程:2016年11月10日(木)から 11月12日(土)まで
■ 会場:高雄展覧館(Kaohsiung Exhibition Center)
■ 主催:マイ エグジビション株式会社、Sphere Exhibits
■ 日本語 公式URL:https://www.taiwanfruitshow.com/ja_JP/index.html
■ 規模:出展企業数150社(予定)、来場者数5,000名(予定)
■ 展示分類:
生鮮果物・野菜エリア、エディブル・フラワー&バーブエリア、穀物とナッツ&加工食品エリア、栽培技術&設備エリア、果実・野菜産業サービスエリア、果実・野菜バイオテクノロジーエリアの6つ。

展示会に関する詳細ページ: http://innoplex.org/archives/31875

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  2. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  3. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  4. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  5. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  6. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  7. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  8. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  9. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  10. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  2. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  3. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  4. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
ページ上部へ戻る