台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニクスまで幅広く出展

 前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日までの3日間「台湾 国際果実・野菜見本市2016」の展示会を高雄展示ホールにて開催するが、今回は注目の出展企業について、植物工場やアグリ企業を中心に紹介する。

本展示会は出展企業数150社(予定)、来場者数5,000名(予定)となっており、既に台湾だけでなく、マレーシア、タイ、ミャンマー、ベトナムといったアジア各国や、米国、南アフリカといった企業からの出展・参加が決定している。

植物工場プラントメーカー「3i Agritech」

3i Agritechでは、植物工場をはじめとする先端農業に関する事業計画、施設設計や栽培指導などトータル支援を行っている。同社では、LED光源やクリーンルームを活用した完全人工光型植物工場プラントを提案しており、低細菌を実現し、無農薬・重金属汚染のテストを合格し、水払い不要の安全・安心野菜の生産を進めている。

過去には台湾や中国本土にて植物工場プラントの販売だけでなく、小規模ながら自社施設も運営した実績を持つ。

日本と同様にリーフレタスやアイスプラントの他、日本では栽培されていないが、台湾では頻繁に利用する薬用植物の生産も提案している。研究開発では、既に10の植物工場関連の技術特許を取得している。
★ ホームページ: http://www.3i-agritech.com/
台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展

環境制御・統合型クラウドシステム「Sunmore Smart Technology」

同社では太陽光利用型~完全閉鎖型まで環境制御を実現するための統合型クラウドシステム(DM-9100P)を開発している。
太陽光利用型の場合は光量が不足した場合に自動でLEDを点灯させる補光制御の他、施設栽培や閉鎖型プラントの温度・湿度、CO2濃度などのセンサーから得たデータをモニタリング・統合管理し、最適環境条件を分析するシステムを開発した。
こうした自動制御システムを通じて、労働生産性を向上させ、農業の収益改善支援を行っている。
★ ホームページ: http://www.sunmoretek.com/

プラスチック成型・加工メーカー「Wang’s Brother Plastic」

同社では植物工場・施設園芸用の水耕栽培ポットを製造している。プラスチックの成型技術を生かし、商業用には顧客の要望に応じてカスタマイズした栽培ポットや水耕ベッドを、家庭用にはデザイン性の高い商品を提案している。

台湾では家庭用から、大規模な完全人工光型植物工場プラントまで、栽培ベッドは発砲スチロール製が主流である。しかし同社では、水漏れもなく、高度な養液制御ができるプラスチック加工した栽培トレイを提案している。
★ ホームページ: http://www.wangs-bro.com/

台湾アクアポニクス促進協会

魚の養殖と野菜の水耕栽培を一体化したシステム「アクアポニック」を普及させる台湾の団体であり、栽培技術の普及や人材育成・教育、安全性に関する基準・認証制度の整備などを行っている。日本と比較すると、台湾は大規模なアクアポニクス施設(太陽光利用型の施設栽培)が稼働しており、注目テーマの一つとなっている。
★ ホームページ: http://www.tapa.org.tw/
★ Pic: https://www.facebook.com/tapa.org.tw/
台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展

ハウス土耕によるベビーリーフの生産・販売「Yumei Yen」

Sinon Corpの子会社として設立された同社では、ベビーリーフや生で食べられるスウィートコーンの販売を行っている。
台湾でも若い層を中心に生サラダを食べる習慣が定着しつつある。こうした生サラダ向けに栄養価の高いベビーリーフを主にハウス土耕にて生産している。

同社の商品は台湾のスーパーやレストランにて販売されているが、今後は中国本土やアジア圏など海外市場への輸出も視野に入れている。
★ ホームページ(親会社): http://www.sinon.com.tw/
台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展

展示会・開催概要「台湾 国際果実・野菜見本市2016」

■ 日程:2016年11月10日(木)から 11月12日(土)まで
■ 会場:高雄展覧館(Kaohsiung Exhibition Center)
■ 主催:マイ エグジビション株式会社、Sphere Exhibits
■ 日本語 公式URL:https://www.taiwanfruitshow.com/ja_JP/index.html
■ 規模:出展企業数150社(予定)、来場者数5,000名(予定)
■ 展示分類:
生鮮果物・野菜エリア、エディブル・フラワー&バーブエリア、穀物とナッツ&加工食品エリア、栽培技術&設備エリア、果実・野菜産業サービスエリア、果実・野菜バイオテクノロジーエリアの6つ。

展示会に関する詳細ページ: http://innoplex.org/archives/31875

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  2. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  3. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  4. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  5. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  6. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  7. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  8. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  2. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  3. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  4. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
ページ上部へ戻る