農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催

 台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日までの3日間「台湾 国際果実・野菜見本市2016」の展示会を高雄展示ホールにて開催する。

本展示会では、エディブルフラワー&ハーブ、生鮮果物・野菜の他に、施設園芸・植物工場などの栽培技術&設備、六次産業化をはかるための加工設備をはじめ6つの展示ゾーンを設置し、約5000名の国内・海外の企業とバイヤーが集まり、アジア各国企業のバイヤーとメーカーが情報交換・ビジネスマッチングを行う機会を提供するもの。
農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催● 日本語 公式URLhttps://www.taiwanfruitshow.com/ja_JP/index.html

農業生産の中心地、台湾・南部エリアにて開催

 台湾における農業生産の中心地は、気候条件が良い南部エリアに集中しており、本展示会も南部エリアの都市「高雄市」にて開催される。台湾は亜熱帯地域において最先端の農業技術を持っており、農業に関する研究成果は世界から注目されている。

2013年における台湾農産品の市場規模は79.5億ドル。そのうち生鮮野菜、果物、穀類、雑穀、キノコ類が全体の88%を占めている。

こうした野菜・果物やナッツ類などは南部にある露地・施設園芸(一部は太陽光利用型植物工場)にて生産される一方で、完全人工光型植物工場の参入企業・施設数も世界で2番目に多く、人工光型は台北などの北部エリアに集まっている。

日本からの参加・出展企業も募集。出展料金は2200ドル~

本展示会では日本からの参加、出展企業も募集している。出展する場合は3m×3mの9平方メートルのスペースが2,200ドル~となっており、社名版やカーペット、受付カウンター、椅子やスポットライトなど基本装飾を加えても2,400ドル~となっている。
※ 出展のご相談は弊社にて承っております。⇒ [お問合せ]

日本からの参加支援・視察ツアーのコーディネートも可能

 弊社では過去にも、完全人工光型植物工場を中心とした市場調査や視察ツアーを実施しております。
今回も出展支援だけでなく、本展示会への参加のために、展示会期間中のサポート(通訳や企業マッチング機会の提供)、期間前後のスケジュールにて施設栽培(太陽光利用型植物工場)、完全人工光型植物工場の施設見学のコーディネート等も実施いたしますので、お気軽にご相談下さい。

台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査2015 http://innoplex.org/archives/29230
台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告 http://innoplex.org/archives/29685

展示会・開催概要「台湾 国際果実・野菜見本市2016」

■ 日程:2016年11月10日(木)から 11月12日(土)まで
■ 会場:高雄展覧館(Kaohsiung Exhibition Center)
■ 主催:マイ エグジビション株式会社、Sphere Exhibits
■ 日本語 公式URL:https://www.taiwanfruitshow.com/ja_JP/index.html
■ 規模:出展企業数150社(予定)、来場者数5,000名(予定)
■ 展示分類:
生鮮果物・野菜エリア、エディブル・フラワー&バーブエリア、穀物とナッツ&加工食品エリア、栽培技術&設備エリア、果実・野菜産業サービスエリア、果実・野菜バイオテクノロジーエリアの6つ。

<展示特長>
農産業の各分野を連携:
農産業に関する育種、栽培、バイオ技術、農業機械、新興産業など、農業に関わる商材、サービスが一堂に集まります。

多元的なカスタマイズ販促:
バイヤーとの個別商談会(1対1)手配、新商品の発表会、ネットニュース、見本市プレビュー等の見本市活動や出版物などを通じて、商品の注目度を高めることができます。

様々な国際的PR方法:
多言語パンフレットの発行、国際的に有名な関連メディアを招聘し、海外の主要見本市に宣伝を行います。

※ 主催者へ直接ご連絡頂くか、弊社へご相談頂ければ、出展・展示会への参加などの支援を行います。⇒ [お問合せ]

<主催者・問合せ先>マイ エグジビション株式会社 MY Exhibition Co., Ltd
住所:10461 台北市中山区徳惠街9号4F-11
TEL: (02) 2587-5802  FAX: (02) 2598-2650
日本語・担当者 ⇒ 李 碧真(内線201) / E-mail:abby_lee[@]myexhibition.com.tw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  2. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  3. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  4. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  5. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  6. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  7. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  8. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  9. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  10. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  2. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  3. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  4. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
ページ上部へ戻る