農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催

 台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日までの3日間「台湾 国際果実・野菜見本市2016」の展示会を高雄展示ホールにて開催する。

本展示会では、エディブルフラワー&ハーブ、生鮮果物・野菜の他に、施設園芸・植物工場などの栽培技術&設備、六次産業化をはかるための加工設備をはじめ6つの展示ゾーンを設置し、約5000名の国内・海外の企業とバイヤーが集まり、アジア各国企業のバイヤーとメーカーが情報交換・ビジネスマッチングを行う機会を提供するもの。
農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催● 日本語 公式URLhttps://www.taiwanfruitshow.com/ja_JP/index.html

農業生産の中心地、台湾・南部エリアにて開催

 台湾における農業生産の中心地は、気候条件が良い南部エリアに集中しており、本展示会も南部エリアの都市「高雄市」にて開催される。台湾は亜熱帯地域において最先端の農業技術を持っており、農業に関する研究成果は世界から注目されている。

2013年における台湾農産品の市場規模は79.5億ドル。そのうち生鮮野菜、果物、穀類、雑穀、キノコ類が全体の88%を占めている。

こうした野菜・果物やナッツ類などは南部にある露地・施設園芸(一部は太陽光利用型植物工場)にて生産される一方で、完全人工光型植物工場の参入企業・施設数も世界で2番目に多く、人工光型は台北などの北部エリアに集まっている。

日本からの参加・出展企業も募集。出展料金は2200ドル~

本展示会では日本からの参加、出展企業も募集している。出展する場合は3m×3mの9平方メートルのスペースが2,200ドル~となっており、社名版やカーペット、受付カウンター、椅子やスポットライトなど基本装飾を加えても2,400ドル~となっている。
※ 出展のご相談は弊社にて承っております。⇒ [お問合せ]

日本からの参加支援・視察ツアーのコーディネートも可能

 弊社では過去にも、完全人工光型植物工場を中心とした市場調査や視察ツアーを実施しております。
今回も出展支援だけでなく、本展示会への参加のために、展示会期間中のサポート(通訳や企業マッチング機会の提供)、期間前後のスケジュールにて施設栽培(太陽光利用型植物工場)、完全人工光型植物工場の施設見学のコーディネート等も実施いたしますので、お気軽にご相談下さい。

台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査2015 http://innoplex.org/archives/29230
台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告 http://innoplex.org/archives/29685

展示会・開催概要「台湾 国際果実・野菜見本市2016」

■ 日程:2016年11月10日(木)から 11月12日(土)まで
■ 会場:高雄展覧館(Kaohsiung Exhibition Center)
■ 主催:マイ エグジビション株式会社、Sphere Exhibits
■ 日本語 公式URL:https://www.taiwanfruitshow.com/ja_JP/index.html
■ 規模:出展企業数150社(予定)、来場者数5,000名(予定)
■ 展示分類:
生鮮果物・野菜エリア、エディブル・フラワー&バーブエリア、穀物とナッツ&加工食品エリア、栽培技術&設備エリア、果実・野菜産業サービスエリア、果実・野菜バイオテクノロジーエリアの6つ。

<展示特長>
農産業の各分野を連携:
農産業に関する育種、栽培、バイオ技術、農業機械、新興産業など、農業に関わる商材、サービスが一堂に集まります。

多元的なカスタマイズ販促:
バイヤーとの個別商談会(1対1)手配、新商品の発表会、ネットニュース、見本市プレビュー等の見本市活動や出版物などを通じて、商品の注目度を高めることができます。

様々な国際的PR方法:
多言語パンフレットの発行、国際的に有名な関連メディアを招聘し、海外の主要見本市に宣伝を行います。

※ 主催者へ直接ご連絡頂くか、弊社へご相談頂ければ、出展・展示会への参加などの支援を行います。⇒ [お問合せ]

<主催者・問合せ先>マイ エグジビション株式会社 MY Exhibition Co., Ltd
住所:10461 台北市中山区徳惠街9号4F-11
TEL: (02) 2587-5802  FAX: (02) 2598-2650
日本語・担当者 ⇒ 李 碧真(内線201) / E-mail:abby_lee[@]myexhibition.com.tw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  3. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  4. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  6. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  7. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  8. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  9. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  10. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  2. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  3. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  4. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
ページ上部へ戻る