台湾「国際果実・野菜見本市」展示会にてマッチング商談会を開催。宿泊費用の補助も実施

 台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)。植物工場の他にも野菜・果物の生産者や加工業者、エディブルフラワー&ハーブなど幅広いテーマにて出展・情報収集が可能となります。
本展示会ではマッチング商談会を開催しますので、新規パートナー開拓に参加してみてはいかがでしょうか?条件次第では宿泊費用の補助もあります。

台湾国際果実・野菜専門見本市について

日  時:2016年11月10日(木)~11月12日(土) 10:00~18:00 最終日は17:00終了
会  場:高雄展示ホール(高雄市前鎮区成功二路)http://www.kecc.com.tw/
主  催:マイ エグジビション株式会社、Sphere Exhibits Malaysia Sdn Bhd

展示内容について/設備や加工~農作物の生産者まで幅広い企業が出展

生鮮果物・野菜&穀類とナッツ:生鮮果物・野菜、穀類・ナッツ、ハーブ・エディブルフラワー、加工食品(缶詰、ジャム、醸造酒、醸成食品)
栽培技術&設備エリア:植物工場・農業機械化設備、バイオテクノロジー・ICTデータ技術、肥料・土壌改良技術、種苗の接ぎ木、病害虫の駆除・防除技術や品質分析、工場企画(温室、潅漑、自動制御システム)など
加工設備エリア:加工設備、包装設備、冷凍冷蔵設備
産業サービスエリア:鮮度維持・貯蔵技術・運送、トレーサビリティ、低温物流/低温倉庫/低温ショーケース、eコマースとeビジネス、スマート農業/IoT(Internet of Things)

宿泊費用をご提供いたします! 対象年商30万ドル(約3,000万円)以上のバイヤー様

優遇内容:
5つ星ホテルの3泊4日ホテルにおける宿泊をご提供、高雄空港から宿泊ホテルまでの無料片道送迎、優先入場&ゲストラウンジなどのサービスがご利用可能となります
※ 三回のマッチング商談会の参加が条件となります。毎回の商談時間は一時間以内です。
※ 優遇は1社につき1名様まで、1年に1回のみとさせていただきます。
※ 補助のご提供につきましては当センター本部の審査がございますので、悪しからずご了承ください。

申込み方法/以下の申込フォームに記載の上、メールにてお申込み下さい

◆以下の申込フォームにご記入の上、メールにてご返信下さい。
◆日本語担当者 ⇒ 李 碧真 / E-mail:abby_lee[@]myexhibition.com.tw
⇒ 申込フォーム(PDF) 「2016年台湾国際果実・野菜専門見本市」申込書
※ 数に限りがありますので なくなり次第終了となります。

本展示会に関する詳細記事: http://innoplex.org/archives/31875
出展企業の紹介記事: http://innoplex.org/archives/32090

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  2. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  4. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  5. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  6. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  7. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  8. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  9. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  10. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  2. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  3. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  4. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
ページ上部へ戻る