アグリメディア、飲食店向けの新サービス「朝採れChef’s Farm」事業を開始

 農業ベンチャーの株式会社アグリメディアは、2016年9月より、自家農園や提携農家の朝採れ野菜がその日に届く、飲食店向けサービス「朝採れChef’s Farm」を開始する。
アグリメディア、飲食店向けの新サービス「朝採れChef’s Farm」事業を開始
同社はこれまで、首都圏30の飲食店に農園を貸し出し、飲食店の代わりに現地で農園管理をするという管理付き農園事業を展開してきました。今般、数多くの飲食店からのニーズに応え、同サービスを開始し、神奈川県足柄上郡大井町に飲食店向けの農園を増設しました。

農園利用飲食店は、栽培したい作物を選択、栽培管理はアグリメディアに委任でき、作物が生育し次第、収穫、出荷を要請できる。飲食店は自家農園として顧客へのPRや従業員教育の場としても活用することができます。

農園増設にあたり、今までの飲食店向けサービスに、野菜を朝方に収穫してその日のうちに飲食店まで届ける、朝採り出荷サービスを拡充しました(※関東地方のお店に限る)。
また、近隣農業組合との提携により、自家農園で収穫される野菜だけでなく、提携農家の朝採れ野菜も購入・配送できます。同サービスについては、2016年中に100店舗での導入を見込んでいます。

<サービス概要>
WEBサイト: http://satoyamashare.com/corporation

■サービスに含まれるもの
・飲食店専用自家農園の設置→顧客へのPR、従業員教育の場として
・オーダーメイド栽培   →好きな農産物の栽培を委託できる
・配送サービス(年12回)  →朝採れ野菜を当日配送
  ※配送料実費、関東地方限定
  追加料金で追加配送可、提携直売所の商品も購入可能

<料金>
お試しプラン   12m2、月額1万円(税込)
ベーシックプラン 40m2、月額3万円(税込)
プレミアムプラン 120m2、月額6万円(税込)

<農園の場所>
所在地 :神奈川県足柄上郡大井町柳265付近
アクセス:東名高速道路大井松田ICより車で12分
付帯施設:観光農園、クラブハウス、宿泊・温泉施設(提携)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  2. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  3. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  4. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  7. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  8. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  9. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  10. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  4. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
ページ上部へ戻る