静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も

 静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究を進める慶應義塾大学・理化学研究所の研究者による発表を通じて、「成長産業としての農業の可能性」に関するセミナーを開催する。

また、静岡県が進める「先端農業推進プロジェクト」の説明、平成29年開設予定の「リサーチセンター(仮称)」で実施する研究テーマの公募説明を行う。

リサーチセンター(仮称)では、栽培環境を精密に制御して植物の環境応答を研究するための実験設備装置が導入され、県内外の研究機関や民間企業がコンソーシアム形式にて、機能性成分向上、生育促進などの研究や静岡の特産品(ワサビ等)を活用した生産安定化技術などの確立を目指す。

静岡県・先端農業推進セミナー

日時: 平成28年9月7日(水) 14:00~17:00(交流会: 18:30まで)

場所:グランディエール・ブケトーカイ/4階シンフォニー(静岡県静岡市葵区紺屋町17-1)
アクセスURL: http://www.grandair-bridal.jp/access/

プログラム
14:00 開会挨拶 県農林水産戦略監

14:10 講演①「静岡県の先端農業推進プロジェクト」県経済産業部理事(農業担当)

14:40 講演② 「農業ICTの新展開(仮)」
 神成 淳司氏(内閣官房副政府CIO, 慶應義塾大学環境情報学部准教授, 医学部准教授(兼担))

15:20 講演③ 「農業分野における産学官連携と次世代栽培システム(仮)」
 和田 智之氏(理化学研究所光量子制御技術開発チームリーダー) 

15:50 講演④ 「アグロメディカルフーズが目指す農業と食と健康(仮)」
~医農連携による農場から食卓までのバリューチェーンの構築~
 石原 清史氏(一般社団法人アグロメディカルフーズ研究機構理事)

16:20 リサーチセンター(仮称) 研究テーマ公募の説明: 県先端農業推進室長
16:50 閉会
17:00 交流会(会費2,000円)

主催:静岡県
後援(予定):静岡県教育委員会、(一社)静岡県経営者協会、(一社)静岡県商工会議所連合会、静岡県商工会連合会、静岡県中小企業団体中央会、静岡県農業協同組合中央会、(公社)静岡県農業振興公社、静岡県農業法人協会、(一社)静岡県農業会議

プログラム詳細/申込書:
https://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-310/documents/160907.pdf
静岡県による先端農業の推進:
https://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-310/sentannougyou.html

本リサーチセンター(仮称)に関する入居、コンソーシアムによる研究テーマ募集について、興味・関心がある企業様は、弊社までお問合せ下さいませ。
[ お問合せページ ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  2. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  3. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  4. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  5. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  6. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  7. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  8. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  9. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  10. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  2. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  3. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
  4. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
ページ上部へ戻る