宇部興産とJA全農、大粒硫安(窒素質肥料)の増産と出荷・管理に関する合弁会社を設立

 宇部興産株式会社とJA全農は、農業用の大粒硫安(窒素質肥料)の増産と、出荷・管理に関する合弁会社を設立する。新ラインは山口県宇部市の宇部ケミカル工場内に、年間約6万トンの製造能力を持ち、2018年4月の稼動を予定している。
増産された大粒硫安は、JAグループを通じて単肥、BB肥料用の原料として全国の農家に供給する予定。これにより、高品質な国産大粒硫安の安定供給と農家の生産コスト低減が可能となる。
宇部興産とJA全農、大粒硫安(窒素質肥料)の増産と出荷・管理に関する合弁会社を設立
硫安とは
(1)わが国は、肥料の3大要素である窒素・りん酸・加里のうち、りん酸質肥料、加里質肥料については、ほぼ全量を輸入に頼っています。
(2)一方、代表的な窒素質肥料である硫安(=硫酸アンモニウム)は、ナイロンの原料であるカプロラクタムの副産物などとして、主要な肥料のうち、ほぼ唯一、国内で生産されています。
(3)硫安は国内で約50万トンが肥料用として流通しており、そのうち15~20万トンは大粒品(平均粒径:2.0mm超)で、単肥(一種類で散布する用途)向けと、BB肥料(Bulk Blending:粒状の原料を混ぜ合わせた低コスト肥料)の原料向けとして広く使われ、残りは通常の硫安(粉・細粒)で、主に化成肥料の原料と一部は単肥に使用されています。
(4)硫安を大粒化するためには、硫安水溶液を循環・濃縮・結晶化させる基礎的な晶析技術に加えて、大粒化のための特殊技術が必要です。このような設備を持つ工場が限られているため、近年、国内では年間約6万トンの大粒硫安が不足しており、割高な輸入品などを手当てしている状況です。

合弁会社の設立について
商号 日本硫安サービス合同会社
設立 2016年5月(営業開始は 2018年4月予定)
所在地 山口県宇部市(設備は宇部興産・宇部ケミカル工場内)
代表社員 宇部興産、JA全農
出資者 宇部興産50%、JA全農50%
出資金 2億円
業務内容 肥料用硫安の出荷・管理業務

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  2. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  3. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  4. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  5. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  6. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  7. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  8. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  9. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  10. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  2. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
ページ上部へ戻る