家庭に、オフィスに生態系を。家庭用アクアポニックス「アクアスプラウト」予約販売開始

 株式会社おうち菜園は、家庭用アクアポニックス「アクアスプラウト」の予約販売を開始いたします。本体価格は、39,800円(税抜)、必要な備品が一式そろったスターターキットセットは、49,050円(税抜)となります。12月12日(土)までのご購入で5,000円割引です。

「アクアスプラウト」は、地球に最もやさしい循環農業(アクアポニックス)を家庭やオフィス、学校で楽しめる商品です。日々の暮らしで忘れがちな”自然の循環”を、気軽に体感することができます。

【販売ページ】 http://aquaponics.co.jp/aquasprouts-pre-order/
家庭に、オフィスに生態系を。家庭用アクアポニックス「アクアスプラウト」予約販売開始

<アクアスプラウトの特徴4つ>
1. 魚と植物を一緒に育てる
魚のアンモニア→微生物が分解→植物の栄養→キレイになった水が再び水槽へ。

2. 野菜・ハーブを収穫する
リーフレタスやルッコラ、青ネギなどの野菜、バジルやミント、コリアンダーなどのハーブを育てることができます。

3. インテリアにもなる外観
カラーは落ち着いたマットブラックを採用。金魚の”赤”と植物の”緑”が映えます。

4. 生態系をゼロから作る
ゼロから自然の生態系を作り上げる新体験。自分だけの生物サイクルを観察し、収穫して、味わうことができます。

<商品について>
商品名 : アクアスプラウト ~さかな畑~
寸法  : 幅約73 × 奥行25 × 高さ45cm (本体)
      幅約73 × 奥行25 × 高さ95cm (本体+ライトスタンド)
重量  : 約18kg (本体)
      約56kg (本体+水)
消費電力: 10W(50Hz)/ 9W(60Hz) (水中ポンプのみ)
電気料金: 140円〜200円/月 (水中ポンプのみ)
同梱物 : 本体、水槽、ハイドロボール(培地)、水中ポンプ、ライトスタンド ※ライトは別売です

<スターターキットについて>
おうち菜園が推奨するアクアスプラウトのための備品をスターターキットにまとめたお得なセット。何を買ったらよいか分からない方には、特におすすめです。

セット内容(9,250円税抜):
魚のエサ、カルキ抜き、タイマー、底石(3kg)、水草(人工)、エアーポンプ、エアーチューブ、エアーストーン、市販の微生物、試薬、コケ取り、ネット

【詳細リンク】 http://aquaponics.co.jp/wp/wp-content/uploads/2015/11/Starterkit.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  2. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  5. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  6. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  7. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  8. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  9. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  10. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  2. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  3. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  4. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
ページ上部へ戻る