DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ

 印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナルズ社は、青色色素「リナブルー」を抽出するための藻類(スピルリナ)培養プラントが、アメリカのカリフォルニア州にて2015年8月に完成すると発表した。

試運転の後、商用販売に向け本格稼働するのは2015年9月を予定している。DICによると、本プラント完成により、DICが世界最大で最も安定してスピルリナ由来の青色色素を生産する会社になる、という。

DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへDIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ

「リナブルー」はスピルリナから抽出される、天然の食品用・青色着色料フィコシアニンの商品名である。鮮やかな青色を呈し、赤、黄の色素と混合することで鮮やかな紫、緑、その他中間色も得られる。2013年にアメリカのFDA(食品医薬品局)が、食品や飲料水へのフィコシアニンの利用を認証してから、世界規模で、特にアメリカとヨーロッパ圏で需要が急激に拡大した。

 これまでDICでは、中華人民共和国のハイナン島にて、砂糖菓子用のリナブルーを生産するためのスピルリナ培養プラントを稼働させていたが、合成由来から天然由来の青色着色料の需要の変化に応えるために、新たに1000万米ドルを投資し、アメリカに新工場を建設した。

DICでは、スピルリナも含めた天然青色着色料市場は、現在から2018年の間で倍になると推定しており、同時に本市場のDICの市場シェアは20%から50%になると予測している。更に、スピルリナ由来に限定した場合のDICの天然青色着色料市場シェアは90%以上となり、本市場は2018年までに7~10倍にまで拡大すると予想している。

今回建設された最新式の培養プラントは中国ハイナン島にあるプラントの約5倍の規模を持ち、高純度のスピルリナ培養から、精製、商品製造まで行う。また、本商品はハラル認証とコーシャー認証(ユダヤ教の戒律にもとづいて生産された食品)も受けており、現在FSSC22000取得のための申請を出している。

弊社では藻類分野における企業情報の収集や市場調査も実施しております。お気軽にご相談下さい。→【お問合せフォームへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  2. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  3. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  4. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  5. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  6. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  8. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  9. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  10. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  3. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  4. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
ページ上部へ戻る