DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ

 印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナルズ社は、青色色素「リナブルー」を抽出するための藻類(スピルリナ)培養プラントが、アメリカのカリフォルニア州にて2015年8月に完成すると発表した。

試運転の後、商用販売に向け本格稼働するのは2015年9月を予定している。DICによると、本プラント完成により、DICが世界最大で最も安定してスピルリナ由来の青色色素を生産する会社になる、という。

DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへDIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ

「リナブルー」はスピルリナから抽出される、天然の食品用・青色着色料フィコシアニンの商品名である。鮮やかな青色を呈し、赤、黄の色素と混合することで鮮やかな紫、緑、その他中間色も得られる。2013年にアメリカのFDA(食品医薬品局)が、食品や飲料水へのフィコシアニンの利用を認証してから、世界規模で、特にアメリカとヨーロッパ圏で需要が急激に拡大した。

 これまでDICでは、中華人民共和国のハイナン島にて、砂糖菓子用のリナブルーを生産するためのスピルリナ培養プラントを稼働させていたが、合成由来から天然由来の青色着色料の需要の変化に応えるために、新たに1000万米ドルを投資し、アメリカに新工場を建設した。

DICでは、スピルリナも含めた天然青色着色料市場は、現在から2018年の間で倍になると推定しており、同時に本市場のDICの市場シェアは20%から50%になると予測している。更に、スピルリナ由来に限定した場合のDICの天然青色着色料市場シェアは90%以上となり、本市場は2018年までに7~10倍にまで拡大すると予想している。

今回建設された最新式の培養プラントは中国ハイナン島にあるプラントの約5倍の規模を持ち、高純度のスピルリナ培養から、精製、商品製造まで行う。また、本商品はハラル認証とコーシャー認証(ユダヤ教の戒律にもとづいて生産された食品)も受けており、現在FSSC22000取得のための申請を出している。

弊社では藻類分野における企業情報の収集や市場調査も実施しております。お気軽にご相談下さい。→【お問合せフォームへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  2. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  3. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  4. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  5. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  6. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  8. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  9. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  10. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  2. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  3. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  4. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
ページ上部へ戻る