オリンピア照明の小型植物工場・水耕栽培キット、コミュニケーションツールとして老人ホームが導入

 オリンピア照明のLEDライトで野菜を育てる小型植物工場・水耕栽培キット「MotoM 灯菜(アカリーナ)」が、5月からコミュニケーションツールとして老人ホームで試験導入された。導入されたのは、新潟県の老人ホーム「あいこう燕」。同施設のエントランスに6台が設置された。

オリンピア照明の小型植物工場・水耕栽培キット、コミュニケーションツールとして老人ホームが導入

オリンピア照明によれば、「灯菜」での野菜栽培を通じて、家庭内の会話が増えた、という感想がユーザーから多く聞こえたという。そこで2014年4月から、同社の工場がある新潟県の老人ホーム「あいこう燕」に、コミュニケーションツールとして「灯菜」を提案し、試験導入をしていた。

「灯菜」は、土を使わないため、老人ホーム内を汚さず、衛生的にも良い。さらに、車いすなどが必要で外出が難しい入居者でも、室内で気軽に野菜の栽培経過を鑑賞できる点などが高評価。同施設に関わる方から、心の癒やしになると好評だったため、本格導入に至った。