リッチェル、植物管理が手軽でそのまま植え付けOKの「うるるん培養土」など2品販売

 園芸用品開発・製造の株式会社リッチェルは、初心者や多忙な週末ガーデナー向けに、管理を楽にして、気軽に野菜、草花の栽培を楽しめる「楽育彩園」シリーズの開発に取り組んでおり、その第一弾として保水効果による水やり軽減、クロレラ効果による栄養補給が同時にできる「うるるん培養土」、「うるるんジェル」を全国の専門店、ホームセンター、同社ウェブサイトを通じて10月1日より販売する。

植物は身近に置きたいけれど、「忙しくて手間をかけられない」「管理に自信がない」「水やりで失敗したことがある」という方におすすめです。冬期の乾燥対策として、室内の観葉植物の管理、降水量の少ない地域の屋外植物の水管理にも有効です。

 そのまま植えるだけの「うるるん培養土」、土に混ぜるだけの「うるるんジェル」は、いずれも植物専用に開発された高吸水性ポリマーを配合し、土中の水分をしっかり保持します。

土の乾燥状態によって放水・吸水を行うので、少ない水やり回数でも植物を元気に保つことができます。また、クロレラの働きで、葉緑素の合成を促進し植物の光合成能力を高める、有機微生物増殖による豊かな土作りで発根を促し、細胞分裂を促進し葉や茎の成長を早め、花付きを良くするなどの効果があります。鉢花、観葉植物、野菜などあらゆる植物に使えます。

植物管理が手軽でそのまま植え付けOKの「うるるん培養土」

●高吸水性ポリマー配合
植物用に開発された高吸水性ポリマーの働きで
・土中の水分を保持し、土の乾燥状態によって放水・吸水を行うので水やり回数を減らすことが可能

●クロレラ入り
植物の栄養補給を促すクロレラの働きで
・葉緑素の合成を促進し、植物の光合成能力を高める
・有機微生物増殖による豊かな土作りで発根を促進する
・細胞分裂を促進し葉や茎の成長を早め、花付きを良くする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  2. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  3. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  4. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  5. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  6. 植物工場ベンチャーBowery Farming社が750万ドルの資金調達に成功。地産地消型モデルの普及へ
     米国ニューヨークを拠点とするBowery Farming社は、完全人工光型植物工場による生産技術の…
  7. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  8. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  9. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  10. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  2. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  3. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  4. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
ページ上部へ戻る