高知の2支援事業所、グローバルな食品安全国際規格を障がい者施設で国内初取得

 障害者の就労を支援する高知県安芸市と土佐市の事業所が、食品安全に関する国際規格「FSSC22000(食品安全マネジメントシステム)」の認証を取得した。障害者施設としては国内第1号で、高知県内でも取得自体が初めて。両事業所は「利用者の働く意欲や自信につなげたい」と意気込んでいる。

安芸市の社会福祉法人「安芸市身体障害者福祉会」が運営する「Miraie(ミライエ)」と、土佐市の同じく「太陽福祉会」が運営する「第2太陽福祉園」。
「ミライエ」は利用者と雇用契約を結ぶ「就労継続支援A型事業所」で、知的障害のある利用者6人とパティシエら職員3人が洋菓子などを製造販売。ゆず茶とバウムクーヘンなど焼き菓子3種の加工で認証を受けた(写真は同社ウェブサイトより)。

高知の2支援事業所、グローバルな食品安全国際規格を障がい者施設で国内初取得

「第2太陽福祉園」は、利用者が事業収入に応じた報酬を得る就労継続支援B型事業所。知的障害者を中心に20人が野菜の食品加工などを行っており、認証は地元産ネギを使った4種のドレッシング加工で取得した。

FSSCは、食品安全認証財団(オランダ)が開発し、日米などの大手小売業者で組織する非営利団体「国際食品安全イニシアチブ」が承認した国際規格。国内では約800社、四国では香川県の日清製粉坂出工場など3県の6社が取得している。両事業所は「安心・安全の根拠を目に見える形で消費者に示したい」「一般企業への就労に向け、利用者のスキルアップにつながる」と挑戦した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  2. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  3. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  4. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  5. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  6. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  7. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  8. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  9. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  2. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  3. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  4. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
ページ上部へ戻る