伊藤忠商事がタイ最大級の財閥企業CPグループと成長するアジア市場をターゲットに業務提携

 伊藤忠商事はタイ最大級の財閥チャロン・ポカパン(CP)グループと資本・業務提携すると発表した。伊藤忠が実施する1024億円の第三者割当増資をCPグループが引き受ける。伊藤忠もCPのグループ企業に約870億円を出資し、株式の25%を取得する。
日本の大手商社が株式を持ち合うのは異例。飼料や農産物の供給に加え、情報通信など幅広い事業で協業し、成長するアジア市場を開拓する。

第三者割当増資を引き受けるのはCPの投資子会社と、CPと日本政策投資銀行が折半出資でつくる投資組合。それぞれ約4.0%、約0.9%出資し、CPグループが伊藤忠の事実上の筆頭株主となる。伊藤忠はCPグループの中核企業で食糧事業を手掛けるCPフーズの子会社に出資して持ち分法適用会社とする。

CPグループはタイでコンビニエンスストア「セブンイレブン」を約7600店展開。明治とは共同出資会社で、牛乳やヨーグルトなどの生産・販売を手掛けている。

Charoen Pokphand(チャロン・ポカパン)グループとの業務提携について
 伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤正広、以下「伊藤忠商事」)は、アジア有数の大手複合企業の一つであるCharoen Pokphand Group Company Limited (チャロン・ポカパン・グループ社、本社:タイ国バンコック市、Chairman:Dhanin Chearavanont、以下「CPG」)と、当社グループ及びCPGを中心とする企業集団(以下「CPグループ」)双方の企業価値向上及び協力関係の強化の為に戦略的な業務提携を実施することで合意し、業務提携契約を本日締結致しました。

1.アジア地域を中心とした食料、化学品、情報通信、金融等を含む非資源分野における事業拡大機会の共同開拓。
2.タイ・中国・ベトナムなどを中心としたアジア地域における飼料、畜産及び水産関連分野での共同取組の推進並びに同地域への原料供給体制の整備。

CPグループは様々な企業群を擁し、農畜産物と食料品を主力事業として他にも情報通信、流通、金融、医薬品等の非資源事業を手掛けるタイ最大の企業集団の一つであり、タイ、中国を中心に国際的に事業を展開しています。
国内大手総合商社の中でもトップクラスの非資源分野の収益力を持つ伊藤忠グループと、アジアにおける強固なネットワークや知名度を持つCPグループとで双方の強みを生かし、アジア地域における非資源分野事業の更なる展開を図る為の業務提携の合意に至りました。

1.伊藤忠商事による、CPグループの中核企業であり農作物・飼料・畜産物・水産物等を取扱うCharoen Pokphand Foods Public Company Limited(チャロン・ポカパン・フーズ社、以下「CPF」)の子会社であり、中国及びベトナムにおいて飼料、畜産及び水産関連事業を営むC.P. Pokphand Co. Ltd.(以下「CPP」)の25%の株式(議決権数ベース)のCPF及びその子会社からの取得。尚、取得金額として約870億円を予定しております。

2.CPGが設立した完全子会社、並びにCPGの完全子会社と株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」)が折半出資する投資事業組合による、伊藤忠商事が行う第三者割当増資の引受による合計約4.9%(本第三者割当増資前の発行済株式数ベース)の出資。

尚、本第三者割当増資に伴う株式希薄化の影響が顕在化する場合にはその抑制等を目的として7,800万株もしくは1,100億円を上限とする自己株式の取得に係る決定をしております。

業務提携・資本関係概要図(資本関係は一部簡略化して記載しております)
伊藤忠商事がタイ最大級の財閥企業CPグループと成長するアジア市場をターゲットに業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  2. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  3. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  4. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  5. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  6. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  7. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  8. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  9. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  10. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  2. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  3. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  4. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
ページ上部へ戻る