有機・無農薬食材の会員制宅配事業の大地を守る会がローソンと業務提携。全国のローソン店舗やWEBサイトを通じてより多くの顧客が購入可能

株式会社大地を守る会ローソンは3月21日、大地を守る会の野菜や果物をローソングループに供給することに合意し、業務提携すると発表した。なお、ローソンは、大地を守る会の株主総会の承認後、同社が行う第三者割当増資を引き受ける予定。


両社の提携の第1弾として、3月21日から、ローソンとヤフーが共同で運営する宅配サービス「スマートキッチン(関連記事)」で大地を守る会の野菜や果物等を販売する。大地を守る会は、有機・無農薬食材の会員制宅配事業の草分け的存在として、35年の歴史と約2,500人の契約生産者のネットワークを有している。独自の基準である「あんしんの約束」に基いて、安心・安全にこだわった農・畜・水産物や無添加の加工食品を大地を守る会の会員やウェブストアユーザーに提供している。


ローソンは、新たなコンビニエンスストア店舗のモデルとして「生鮮コンビニ」を掲げ、野菜・青果を中心とした生鮮品の取扱いを拡大している。また、2012年6月にヤフーと共同で、忙しいママさんに向けた食品・日用品を宅配するサービス「スマートキッチン」を設立し、ホームコンビニエンス事業を開始した。


これまで大地を守る会の安心・安全で新鮮な生鮮食品は、会員および大地を守る会のウェブストアユーザーしか購入することができなかったが、今回の提携により、全国のローソン店舗やWEBサイトを通じてより多くの顧客が購入できるようになる。両社は、「スマートキッチン」及びローソングループの店舗網と、大地を守る会の持つ優れた生産者のネットワークを活かし、両社の事業拡大を図っていく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  2. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  3. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  4. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  5. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  6. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  7. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  8. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  9. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  10. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  2. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  3. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
ページ上部へ戻る