佐賀市の清掃工場の廃ガスから二酸化炭素を取りだし、農業などに活用。ごみ処理施設から “資源” を生み出すプロジェクト

佐賀市は新年度から2年計画で、市の清掃工場(高木瀬町)の排ガスから二酸化炭素を取り出し、農業などに活用する実証実験に取り組む方針を固めた。清掃工場の排ガスからCO2を取り出す研究に乗り出すのは、全国の自治体で初めて。生活に欠かせない一方、「迷惑施設」と敬遠されがちなごみ処理施設から “資源” を生み出すことで、イメージの転換も狙う
 
 
市の循環型社会推進課によると、同工場の運転を委託されている荏原環境プラントのほか、東芝や九州電力などが準備段階の会議に参加している。東芝は既に、福岡県大牟田市の火力発電所などの排ガスからCO2を取り出す試験的な施設を設置している。CO2の空気中の割合は0.04%程度に対し、清掃工場から排出されるCO2は約7%。ただ、CO2だけでなく、さまざまな物質が入っているため、第1段階では純度の高いCO2の分離・回収を目指す。
 
 
農業分野での活用は、研究機関との協力も視野に入れている。CO2は光合成を促すとしてイチゴの収量や品質向上に使われ、効果を上げていることから、工場周辺で複数の農作物を育て、適した作物の選定や濃度などについて具体的に実証していく。また、ごみ処理場の排ガスには消費者の心理的なハードルも高いとみて、市は「特に、安全性についての実証は入念に行う」とする。
 
 
佐賀市は2010年2月に「環境都市宣言」を行い、ごみ減量や太陽光発電の設置費用補助事業などに取り組んできた。同課は「地球温暖化の原因とされるCO2削減は世界的な課題。有用なものへの転化を可能にする確かなステップとなるように取り組んでいきたい」と力を込める。(参考:2013年1月3日、佐賀新聞より)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  4. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  5. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  6. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  7. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  8. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  9. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  10. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  2. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  3. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  4. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
ページ上部へ戻る