佐賀市の清掃工場の廃ガスから二酸化炭素を取りだし、農業などに活用。ごみ処理施設から “資源” を生み出すプロジェクト

佐賀市は新年度から2年計画で、市の清掃工場(高木瀬町)の排ガスから二酸化炭素を取り出し、農業などに活用する実証実験に取り組む方針を固めた。清掃工場の排ガスからCO2を取り出す研究に乗り出すのは、全国の自治体で初めて。生活に欠かせない一方、「迷惑施設」と敬遠されがちなごみ処理施設から “資源” を生み出すことで、イメージの転換も狙う
 
 
市の循環型社会推進課によると、同工場の運転を委託されている荏原環境プラントのほか、東芝や九州電力などが準備段階の会議に参加している。東芝は既に、福岡県大牟田市の火力発電所などの排ガスからCO2を取り出す試験的な施設を設置している。CO2の空気中の割合は0.04%程度に対し、清掃工場から排出されるCO2は約7%。ただ、CO2だけでなく、さまざまな物質が入っているため、第1段階では純度の高いCO2の分離・回収を目指す。
 
 
農業分野での活用は、研究機関との協力も視野に入れている。CO2は光合成を促すとしてイチゴの収量や品質向上に使われ、効果を上げていることから、工場周辺で複数の農作物を育て、適した作物の選定や濃度などについて具体的に実証していく。また、ごみ処理場の排ガスには消費者の心理的なハードルも高いとみて、市は「特に、安全性についての実証は入念に行う」とする。
 
 
佐賀市は2010年2月に「環境都市宣言」を行い、ごみ減量や太陽光発電の設置費用補助事業などに取り組んできた。同課は「地球温暖化の原因とされるCO2削減は世界的な課題。有用なものへの転化を可能にする確かなステップとなるように取り組んでいきたい」と力を込める。(参考:2013年1月3日、佐賀新聞より)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  2. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  3. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  4. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  5. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  8. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  9. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  10. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  2. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  3. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  4. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
ページ上部へ戻る