デザイン性を追求した家庭向け・卓上型ポータブルタイプの水耕栽培キットの一般公募について(旭化成ホームズ)

旭化成ホームズ株式会社、緑のある豊かな生活をサポートするサービス・製品の事業化を念頭に置き、来年度の製品化に向けて、手軽に家庭で楽しめる水耕栽培設備の開発を進めており、その製品デザインの一般公募を行っている。以下、プレスリリースを掲載しておく。

水耕栽培設備の製品デザイン公募について

1.公募の背景
世界の人々の“いのち”と“くらし”に貢献するということを理念に掲げる旭化成グループでは、「環境・エネルギー」「住・くらし」「医療」の3つの領域における新たな事業創出を目指し、2011年12月、グループ内・外の知見と技術・製品を搭載した実証棟を富士支社内(旭化成ホームズ住宅総合技術研究所内)に建設しました。

この実証棟における研究テーマの1つとして、食への安心・安全の確保や自ら育て食べることを通じての食育への関心の高まりを踏まえて、食の安全性を考えるキッチン・ダイニング空間の提案というテーマを設定しています。具体的なアイテムとしては、システムキッチン一体型やワインセラー一体パントリー型など、土の無い室内環境でも植物が育てられる水耕栽培設備を設置し、実証研究を行っています。今後、同設備の普及を通じて、育てる、食べる、癒されるといった、緑のあるライフスタイルをサポートする事業を展開していく方針です。

この一環として今回デザインを募集するのは、手軽に卓上で利用できるポータブルタイプの水耕栽培設備「VEGEUNI(ベジユニ:予定商品名)」です。水耕栽培の魅力を広めていくことはもちろん、製品化にあたっては、そのデザイン性も含めて居住空間を豊かにすることが重要であると考え、広くそのデザインアイデアを募集することとしました。今回の公募に寄せられたご提案は、来年度の商品化に向けた開発の参考といたします。
 

2.公募の内容
(1)募集要項:水耕栽培を取り入れた、卓上で利用できるポータブルな製品
(2)提案条件:大きさは、横幅40cm×奥行き35cm×高さ45cm以内とすること。光源と栽培水槽を備えること。
※その他プレゼン要素など詳細は、デザイン公募公式サイトをご覧ください。
(3)提出物:プレゼンテーションシート及び応募用紙
※デザイン公募公式サイトよりダウンロードできます。
(4)募集期間:2012年6月1日〜7月3日
(5)表彰および賞金:
最優秀賞(1点) 賞金50万円
優秀賞(3点) 賞金25万円
審査員特別賞(3点) 賞金10万円
学生特別賞(若干) 賞金10万円
(6)結果発表:デザイン公募公式サイトにて発表。他web、雑誌等の各媒体で予定。
(7)審査:「新しさ」「美しさ」「楽しさ」「実現の可能性」「植物育成の適切さ」などの観点から審査します。
(8)審査員:五十嵐久枝さん他、数名を予定
 

◆五十嵐久枝:武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科教授
(イガラシデザインスタジオ:www.igarashidesign.jp)
桑沢デザイン研究所インテリア・住宅研究科卒業後、クラマタデザイン事務所勤務。93年イガラシデザインスタジオ設立し、02年-グッドデザイン賞の審査員を務める。グッドデザイン賞 (03-07)/JCDデザイン賞(04,06,09,10)/他
 
◆デザイン公募についての詳細の問い合わせ先は以下の公式サイトをご覧下さい。〜VEGEUNI Design Award(ベジユニ デザイン アワード)2012〜

http://compe.japandesign.ne.jp/asahi-kasei/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  2. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  3. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  4. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  5. 大地を守る会とオイシックス、3月31日よりグループ会社化
     株式会社大地を守る会と、オイシックス株式会社は3月31日にグループ会社となり、2017年秋を目処と…
  6. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  7. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  9. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  10. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  2. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  3. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  4. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
ページ上部へ戻る