SOMPOホールディングス、イタリア農業保険会社を買収

SOMPOホールディングス株式会社傘下のSompo International Holdings Ltd.(傘下グループを総称して「SI」)は、イタリアの農業保険マーケットにおけるリーディングカンパニーの1社であるARA 1857 S.p.A.-Assicurazioni Rischi Agricoli VMG 1857 (ARA) の買収合意を実現した。

※1 本買収は、関係当局の認可を前提として、2022年第1-3月期にクロージングする予定です。

ワタミの自社農場、2009年に野菜・農作物の栽培では初の黒字化へ
1.本買収の背景と戦略的意義
ARAは、主に農業保険に特化して営業しているイタリアの保険会社で、ひょう、強風、霜、豪雨や干ばつなど、さまざまな天候条件によって引き起こされる損失に対する保険補償を提供しています。同社の起源は、1857年に設立された相互保険会社Vecchia Mutua Grandine ed Eguaglianzaにさかのぼります。

ARAの事業は、農業マーケットに存在するさまざまなニーズに対して革新的で組織的なリスクマネジメントソリューションを提供するSIのグローバルな農業保険プラットフォームであるAgriSompo(※2)の一部として統合されます。本買収により、AgriSompoはイタリアの農業保険市場においてマーケットリーダーになります。

AgriSompoは、SOMPOグループが有する幅広い農業保険に関する専門性およびグローバルなプレゼンスを活用して、さらに質の高いサービス提供を進めていきます。


※2 AgriSompoは、農業保険に関する一連の商品に対する専門知識と技術を提供することを目的にしてSIが2017年11月に立ち上げた統合プラットフォーム。

世界各国のマーケットニーズに応じた農業リスクマネジメントソリューションを提供するために、農家・農業事業者、農業保険を取り扱う保険会社に対して、統一的な基準で保険引受(アンダーライティング)し、世界の農業マーケットにおいて保険と再保険を提供しています。


2.マネジメントからのコメント
<AgriSompo President Kris Lynnのコメント>

「AgriSompoは、世界においてナンバーワンの農業保険引受を行っています。ARAの買収は戦略的であり、イタリアという主要な農業マーケットでの新商品やサービス提供を強化していくために必要な一歩となります。

ARAの信頼の高いブランドとイタリアマーケットにおける豊富な歴史は、その広い業務範囲と併せて、AgriSompoのマーケットリーダーとしての地位をさらに確固たるものとしてくれます。

買収手続きが完了した後も、ARAが業務を継続し、現CEOであるPier Ugo Andreini氏には新しい取締役会のメンバーとして参加いただく予定です。」


3.ARA 1857 S.p.A.-Assicurazioni Rischi Agricoli VMG 1857の概要
(1) 設立年:1857年
(2) 本社所在地:イタリア・ミラノ
(3) 主な事業内容:
 ・農業保険およびリスクマネジメントサービスの提供
 ・ひょう、強風、霜、豪雨や干ばつなど、さまざまな天候条件によって引き起こされる損失に対する保険補償を提供
(4) 主な保険商品:農業保険
本買収を遂行するにあたりホーガン・ロヴェルズ社が SI のリーガルアドバイザーを務めました。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。