微粉砕技術の三笠産業、国産野菜パウダーを活用した新商品を販売

三笠産業株式会社は「野菜の日」8月31日に、新ブランド「nacona(ナコナ)」を設立し、野菜摂取が不足気味の現代人に対し「野菜を粉にして食べる(菜・粉)」という新しい野菜の摂りかたを提案していく。

微粉砕技術の三笠産業、国産野菜パウダーを活用した新商品を販売
新ブランド第一弾となる新商品「ヨーグルトに野菜プラス」は、東京大学付属病院小児科医・赤坂ファミリークリニック院長の伊藤明子(いとうみつこ)先生の監修のもと商品開発を行い、13種類の国産野菜を配合した製品です。ヨーグルトに1包を混ぜるだけで野菜サラダ約150g分の食物繊維を摂取することができます。

微粉砕技術の三笠産業、国産野菜パウダーを活用した新商品を販売
■新ブランド「nacona(ナコナ)」について
当社は微粉砕技術を活用し、2003年より国産野菜を原料とした微粉末製品「野菜ファインパウダー」シリーズの製造販売を手掛けて来ました。

国産野菜を原料とした添加物不使用の微粉末製品「野菜ファインパウダー」シリーズ(全17種類)は大手製菓メーカーや製パンメーカーに原料としても供給しており、店頭に並んでいる様々な商品にも使用され、2019年は年間で約62t(野菜約500t分にあたります)の出荷実績となっております。

さまざまな栄養食品や機能性食品が販売される中、当社では強味である微粉砕技術を活かし、一般消費者が求める微粉末製品の開発をすすめるため、新しいブランド「nacona(ナコナ)」を設立する運びとなりました。「nacona(ナコナ)」は「菜(な)」を「粉(こな)」にして野菜を食べるという造語です。

野菜摂取が不足気味の現代人に対して、「野菜を粉にして食べる」という新しい野菜の摂りかたを提案し、より身近にしたいという想いが込められています。ロゴデザインは、取り扱う色とりどりの野菜をイメージしました。

商品に使用する野菜は「安心」を提供するため国産にこだわり、安全な商品作りに最大限の配慮をしています。当社は、新ブランド「nacona(ナコナ)」を通してお客様の声を反映した製品開発と販売を目指します。


■オフィシャルサイト
微粉砕技術で豊かな未来を創る 三笠産業株式会社
http://www.mikasasangyou.co.jp/

■ECサイト
みかさの国産野菜パウダー
https://www.benriyasai.jp/

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。