調査レポート・販売規約

この調査レポート・販売規約(以下「本規約」といいます)は、一般社団法人イノプレックス(以下「当社」といいます)が取り扱う調査レポート等の購入その他の諸条件を定めるものです。

第1条(調査レポートの定義)
当社が販売する技術・市場調査レポートとは以下のことです。
(1) 書籍版レポート
(2) PDFデータ版レポート(関連する電子データも含む)

第2条(注文)
1. 当社所定の方法で調査レポートをご注文いただくものとします。ご注文方法は、下記のいずれかの方法とします。
(1) 当社ホームページからのお申し込み
(2) 電話、FAXなど当社指定方法によるお申し込み

2. 当社の調査レポートは、一部の商品を予告なく販売中止にする場合があります。あらかじめご了承ください。

第3条(支払条件・売買契約)
1. 調査レポート等代金の支払方法は、当社指定の銀行振込によるものか、当社からの各種案内に記載の通りとします。なお、銀行振込の場合の振込手数料はお客様の負担とします。

2. 銀行振込の場合の支払時期は以下の通りです。
(1) 当社との取引が初めてのお客様
当社での注文受付後、請求書をお送りしますので当社指定銀行口座へお振込みください。当社指定銀行口座への入金が確認でき次第、指定の方法で調査レポートを提供いたします。

(2) 既に当社との取引実績があるお客様
当社での注文受付後、即時に指定の方法で調査レポートを提供いたします。注文日の翌月末日までに当社指定銀行口座へお振込みください。

3. お客様と当社との売買は、お客様のご注文後、当社が商品を送付した時またはお客様がダウンロード可能な状態となった時に成立するものとします。

4. 当社ホームページからのご注文が通信環境の不具合等により当社に到達しなかった場合、売買契約は成立しません。この場合、お客様が損害を被ったとしても、当社は何ら責任を負うものではありません。

5. 売買契約成立後であっても、お客様の支払方法の不備・不法等が判明した場合、当社は何ら責任を負うことなく当該売買契約を任意に解約することができるものとします。

第4条(配送)
1. 当社とお客様との間で売買契約が成立した後、当社よりお客様の指定された納品先(以下「指定配送先」といいます)に注文商品(PDF版マーケットレポート除く)を配送します。ただし、指定配送先に到着する前に、配送業者の故意または過失により商品が紛失した場合には、当社が当該紛失について責任を負います。

2. 商品の到着日は、諸事情により、当社からお客様にご案内したお届け予定日より遅れる場合があります。あらかじめご了承ください。

3. 送料は当社が負担します。ただし、海外への発送の場合や、バイク便などお客様より発送方法のご指定がある場合の送料はお客様のご負担となります。

第5条(交換、返品)
調査レポート等の交換または返品は、販売形態の性質上、納品またはダウンロード完了後はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。ただし、お客様の責めに帰すべき事由によらない以下の場合は除きます。商品の返品は、商品到着後2週間以内に当社までご連絡ください。返品の送料は当社が負担します。
(1) 当社が誤った商品をお客様に送付した場合
(2) 当社商品に重大な瑕疵があった場合

第6条(著作権について)
1. 当社は調査レポート等の法人等著作者であり、著作者人格権たる公表権・氏名表示権・同一性保持権をはじめ、複製権・頒布権・公衆送信権・貸与権・口述権・翻訳権・譲渡権等、著作者として全ての権利を保有します。 但し、当社が第三者から許可を得て引用している箇所は除きます。

2. 調査レポート等の転載・引用は、原則として購入者(または実質的な利用者)の社内向け、あるいは無料にて提供される社外向け出版物・資料等への利用に可能です。有料にて提供されるサービスへの転載・引用は、事前に当社へ申請し、当社が承諾した場合に限り可能です。

3. 転載・引用者(以下「使用者」といいます)は、転載・引用する際に、著作権者である当社の名称と出典元である資料名等を明記するものとします。また、使用者が社外向け出版物等に転載・引用する場合には、事前に掲載内容および表現形式等について当社の検収を受けるものとし、転載・引用された出版物等を当社に納めるものとします。

4. 当社は転載・引用された情報等の原内容そのものについてのみ責任を負うものであり、転載・引用された結果として何らかの問題が生じた場合、その責任の一切は使用者にあるものとします。

5. 使用者は、転載・引用する情報等を第三者に対し転載・引用を許諾する権限がないことを確認するものとします。使用者は、転載・引用した情報等を第三者が転載・引用していることを覚知した場合は、速やかに当社に対し通知するものとします。

第7条(権利義務の譲渡禁止)
お客様は、当社の書面による承諾なしに、本規約に基づく権利義務の一切について、第三者に譲渡、移転等の処分または担保権を設定してはならないものとします。

第8条(制限事項)
調査レポート等の販売は原則、法人のお客様に限定させていただきます。ただし、当社の競合企業など技術・市場調査レポート等の販売・利用に問題があると判断した先へは販売できません。また、図書館等や販売代理店へは、当社が認めた範囲内・条件でのみ販売します。

第9条(免責)
1. 当社が本規約に基づく債務を履行しないことによりお客様に損害を与え、当社が賠償責任を負う場合、その賠償額は、損害の直接の原因となった取扱商品について、お客様が当社にお支払いした代金相当額を上限とします。

2. 当社はいかなる場合においても、当社の責に帰すことのできない事由から生じた損害、当社の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、遺失利益については、賠償責任を負わないものとします。

3. 本規約に基づく債務を履行しないことによりお客様が被った損害が、当社の故意または重過失に起因するものである場合には、前2項の規定は適用しないものとします。

第10条(準拠法、管轄裁判所)
本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関連して発生するお客様と当社の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第11条(規約の無効)
万一、裁判所により本規約の各条項が無効、違法または適用不能と判断された場合においても、当該条項を除く他の条項の有効性、合法性および適用可能性には何らの影響や支障が生じるものではありません。

第12条(規約の変更・改訂)
当社は、お客様に事前に書面で通知することなく、本規約を変更・改訂する場合があります。あらかじめご了承ください。

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  2. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  3. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  4. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  5. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  6. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  7. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  8. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  9. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  10. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  2. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  3. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  4. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
ページ上部へ戻る