UAE・アブダビにて、自然界でも難しい良質キャビアの養殖生産を開始。生物学的アプローチや濾過技術を活用し、年間・安定生産を目指す

アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ首長国が、2011年中に世界三大珍味の一つ「キャビア」の養殖を開始することが明らかにされたthe Royal Caviar Companyのロバート・ハーパー・グループ商業部長は「アブダビは、世界的に成長を続ける市場である高質なキャビアやチョウザメの切り身を販売するには理想的な場所である。事実、UAEだけで年間需要が約14トンに達する」と語り、アラビア半島の砂漠国アブダビでのキャビア養殖の有望性を強調している。
 
 
実際にキャビアが養殖されるのは、アブダビの工業団地内の5万平方メーターの土地に用意される半自動式の養殖池においてである。この養殖池では、生物学的濾過システムを用いて水を浄化する特殊設備が設置される既にドイツから約18トンのチョウザメが輸入されているthe Royal Caviar Companyは最終的には年間35万トンもの生産を目指すとしている。
 

 
the Royal Caviar Companyを所有する親会社は、Bin Salem Holdingである。同社のアフマド・アル・ダーヘリ最高経営責任者(CEO)は、キャビアの養殖生産計画について、「チョウザメはカスピ海の汚染等で絶滅の危機にある。我々はアブダビで養殖生産すれば、貴重な魚の保護を支援することになる」と語り、貴重な生物種の保護の観点からも意義ある事業と説明している。
 
 
この事業のパートナーを務めるドイツのUnited Food Technologies社のクリストフ・ハートゥング会長は「チョウザメは体重が約10kgになるまでキャビアを産まないので通常4年半は待たねばならない。しかも、それで生まれたキャビアのうち純粋なものは10分の1に過ぎない」と述べ、自然界でも良質のキャビアを得るのが如何に難しいのかを解説している。尚、the Royal Caviar Companyアブダビ産キャビアの販売価格をカスピ海産と同じ1グラム4ドルから6ドルに設定する予定を立てている。<参考記事:中東・エネルギー・フォーラムより>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  2. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  3. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  4. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  5. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  6. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  7. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  8. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  9. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  10. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NASAによる宇宙ステーションや火星探査での農業・植物工場への取り組み
     2015年8月10日には、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在しているNASAの宇宙飛行士が、人工…
  2. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  3. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  4. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
ページ上部へ戻る