UAE・アブダビにて、自然界でも難しい良質キャビアの養殖生産を開始。生物学的アプローチや濾過技術を活用し、年間・安定生産を目指す

アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ首長国が、2011年中に世界三大珍味の一つ「キャビア」の養殖を開始することが明らかにされたthe Royal Caviar Companyのロバート・ハーパー・グループ商業部長は「アブダビは、世界的に成長を続ける市場である高質なキャビアやチョウザメの切り身を販売するには理想的な場所である。事実、UAEだけで年間需要が約14トンに達する」と語り、アラビア半島の砂漠国アブダビでのキャビア養殖の有望性を強調している。
 
 
実際にキャビアが養殖されるのは、アブダビの工業団地内の5万平方メーターの土地に用意される半自動式の養殖池においてである。この養殖池では、生物学的濾過システムを用いて水を浄化する特殊設備が設置される既にドイツから約18トンのチョウザメが輸入されているthe Royal Caviar Companyは最終的には年間35万トンもの生産を目指すとしている。
 

 
the Royal Caviar Companyを所有する親会社は、Bin Salem Holdingである。同社のアフマド・アル・ダーヘリ最高経営責任者(CEO)は、キャビアの養殖生産計画について、「チョウザメはカスピ海の汚染等で絶滅の危機にある。我々はアブダビで養殖生産すれば、貴重な魚の保護を支援することになる」と語り、貴重な生物種の保護の観点からも意義ある事業と説明している。
 
 
この事業のパートナーを務めるドイツのUnited Food Technologies社のクリストフ・ハートゥング会長は「チョウザメは体重が約10kgになるまでキャビアを産まないので通常4年半は待たねばならない。しかも、それで生まれたキャビアのうち純粋なものは10分の1に過ぎない」と述べ、自然界でも良質のキャビアを得るのが如何に難しいのかを解説している。尚、the Royal Caviar Companyアブダビ産キャビアの販売価格をカスピ海産と同じ1グラム4ドルから6ドルに設定する予定を立てている。<参考記事:中東・エネルギー・フォーラムより>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  2. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  3. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  5. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  6. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  8. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  9. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  10. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  2. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  3. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  4. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
ページ上部へ戻る