食品業界がかける食の安全性に関する費用増大。年間6.7%も増加しており、今後5年以内にはラベル・タグ技術も普及する可能性が高い

植物工場IT活用事例セミナー

現在では食品の安全性に関する情報公開は当たり前になっている。それは食材の生産段階から加工や流通、そして最終的には消費者へ届くまでの情報、つまりトレーサビリティの導入が社会からも要求され、食品業界における安全性確保のための費用が増大していることは間違いない。
 
 
例えば、RFID(無線ICタグ)といったスマートラベルや食品タグに関連した技術は、今後5年以内には一般的に普及し、市場が拡大するとの予測がなされている。タグ技術も進化しており、収穫からどのくらいの時間が経過したかが一目で分かるように「時間によってタグの色が変化する技術」も海外のスーパーでは実験的に導入されている。マーケットリサーチ会社であるFreedonia Group社によると、食品業界がこうした安全性確保にかける費用は年間6.7%も増加しており、2014年には29億ドルにもなると予測している。この費用には小売価格における上昇分を除外したものであり、小売段階まで含めると大きな市場となるだろう。
 
 
この他にも、農薬やGMO(遺伝子組換え食品)に関する検査や関連する法律・規制、増加する認証制度から、トレースアビリティ以外にも、検査機器・サービス事業にも大きな需要が見込まれる。しかしながら、食の安全性に関しての詳細情報を消費者に公開することで、提供する商品・サービスがどれだけ評価され、付加価値が増大するかどうかは、もう少し検証する必要もあるだろう