多機能化する冷蔵庫/植物工場や水耕栽培システムを導入した新しいコンセプトの冷蔵庫「キッチンガーデン」

最近の冷蔵庫は多機能である。光センサーで開閉が少ない夜間には自動的に冷却温度を下げるもの(電力コストの節約)、特定の光を照射することで、生鮮野菜を新鮮なままで長期保存が可能なもの、出来た料理が冷めないように保温効果機能のある冷蔵庫など多様化する客のニーズに対して、企業側はその全ての要望に応えてきた
 
 
何でも客の要望に応えるならば、「野菜も栽培できればいいのに」という声もあるのではないだろうか。もちろん消費者側の思いつき・自由な発言も含まれており、実際に開発されたとしても購入するかどうかは、しっかりとした事前調査が必要であるだろう。
 
 
最近では、家庭菜園を始める人も増え、個人でも購入できる数万円のミニ植物工場(記事一覧)も開発されている。こうした流れに乗り、通常の冷蔵庫の中央部分に、種から葉野菜(ハーブ類やレタスなど)を栽培できるようなシステムを組み込んだ冷蔵庫はないのだろうか。すると、以下のような「キッチン・ガーデン」という商品を発見した(現在、構想中)。
 
キッチン・ガーデン(冷蔵庫に植物工場を導入)
 
高齢者や若者など単身世帯の増加、多様化するライフスタイル・消費者ニーズに応えるために、小分けにした野菜や調理済みの加工野菜の需要(個食化ニーズ)は高まっている。その他、可能な限り調理を簡素化したいと主張する消費者も増えており、多忙なライフスタイルの中で、買い物の時間も節約し、ネットショップから生鮮野菜を購入する主婦も多いようだ。
 
 
こうしたサービス過剰の最終形態が、スーパーに行かずに野菜が自動的に栽培できる「キッチンガーデン・システム」であるだろう。温度・湿度や水量・光量、養液などを自動的に調整できる装置・システムは既に開発されており、冷蔵庫に植物工場や家庭菜園装置を内蔵させることは、現在の技術レベルでも可能である。その他にも、光触媒など生鮮野菜を長期保存できる技術もある。あとは、販売価格やニーズそのものがあるかどうか(売れるかどうか)という問題が残っているが、どちらにしても、面白いアイデアであったので、記事として取り上げてみました。
 
キッチン・ガーデン(冷蔵庫に植物工場を導入)
キッチン・ガーデン(冷蔵庫に植物工場を導入)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  2. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  5. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  6. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  7. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  8. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  9. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  10. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  2. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  3. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  4. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
ページ上部へ戻る