多機能化する冷蔵庫/植物工場や水耕栽培システムを導入した新しいコンセプトの冷蔵庫「キッチンガーデン」

最近の冷蔵庫は多機能である。光センサーで開閉が少ない夜間には自動的に冷却温度を下げるもの(電力コストの節約)、特定の光を照射することで、生鮮野菜を新鮮なままで長期保存が可能なもの、出来た料理が冷めないように保温効果機能のある冷蔵庫など多様化する客のニーズに対して、企業側はその全ての要望に応えてきた
 
 
何でも客の要望に応えるならば、「野菜も栽培できればいいのに」という声もあるのではないだろうか。もちろん消費者側の思いつき・自由な発言も含まれており、実際に開発されたとしても購入するかどうかは、しっかりとした事前調査が必要であるだろう。
 
 
最近では、家庭菜園を始める人も増え、個人でも購入できる数万円のミニ植物工場(記事一覧)も開発されている。こうした流れに乗り、通常の冷蔵庫の中央部分に、種から葉野菜(ハーブ類やレタスなど)を栽培できるようなシステムを組み込んだ冷蔵庫はないのだろうか。すると、以下のような「キッチン・ガーデン」という商品を発見した(現在、構想中)。
 
キッチン・ガーデン(冷蔵庫に植物工場を導入)
 
高齢者や若者など単身世帯の増加、多様化するライフスタイル・消費者ニーズに応えるために、小分けにした野菜や調理済みの加工野菜の需要(個食化ニーズ)は高まっている。その他、可能な限り調理を簡素化したいと主張する消費者も増えており、多忙なライフスタイルの中で、買い物の時間も節約し、ネットショップから生鮮野菜を購入する主婦も多いようだ。
 
 
こうしたサービス過剰の最終形態が、スーパーに行かずに野菜が自動的に栽培できる「キッチンガーデン・システム」であるだろう。温度・湿度や水量・光量、養液などを自動的に調整できる装置・システムは既に開発されており、冷蔵庫に植物工場や家庭菜園装置を内蔵させることは、現在の技術レベルでも可能である。その他にも、光触媒など生鮮野菜を長期保存できる技術もある。あとは、販売価格やニーズそのものがあるかどうか(売れるかどうか)という問題が残っているが、どちらにしても、面白いアイデアであったので、記事として取り上げてみました。
 
キッチン・ガーデン(冷蔵庫に植物工場を導入)
キッチン・ガーデン(冷蔵庫に植物工場を導入)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  2. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  3. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  4. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  5. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  6. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  7. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  8. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  9. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  10. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  2. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  3. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  4. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
ページ上部へ戻る