JX ANCI・日新商事による日産3万株の植物工場。スプレッドによる支援へ

植物工場IT活用事例セミナー

 完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドは、JXTGエネルギー株式会社の100%⼦会社JX ANCI株式会社(千葉県⼭武郡)と⽇新商事株式会社と協業し、JX ANCI・⽇新商事が検討している国内最⼤規模の植物工場の建設、⼯場野菜の⽣産・販売事業への参⼊をサポートする。

JX ANCI・⽇新商事は、かねてから農業関連事業を展開しており、その知⾒を活かした植物⼯場の運営を検討してきました。

スプレッドは、⾃動化栽培などを導⼊した次世代型農業⽣産システム『Techno Farm TM』を開発し、パートナーシップによる国内外の拠点拡⼤を計画する中で、フランチャイズ事業を担うパートナー企業を模索していました。

この度、JX ANCI・⽇新商事が設⽴する合弁会社Jリーフ株式会社が、JX ANCI 成⽥⼯場敷地内に⼯場を建設し、⽣産運営を⾏い、スプレッドは、ノウハウ提供、物流、販売を担うことで、3社の⽅向性が⼀致しました。

当該⼯場は、2020年の竣⼯と出荷を予定しています。


施設概要
・建設地 千葉県⼭武郡芝⼭町⼩池2700番72 JX ANCI 成⽥⼯場敷地内
・⼯場タイプ ⼈⼯光型植物⼯場
・⽣産品目 レタスなどの葉菜類
・⽣産能⼒ 3万株/⽇
・竣⼯ 2020年春予定