経営統合による新社名「オイシックス・ラ・大地(株)」に決定。今年度の売上目標は610億円

植物工場IT活用事例セミナー

 オイシックスドット大地株式会社は、本年10月に予定しているらでぃっしゅぼーや株式会社との経営統合へ向けた新社名を「オイシックス・ラ・大地株式会社」に決定した。予定では7月1日付で社名を変更する。


■ 本統合について:高付加価値な食品宅配のマーケットをけん引
オイシックスドット大地は2017年10月、オイシックスと大地を守る会が経営統合して生まれました。

そして、2018年2月28日付で、株式会社NTTドコモより、らでぃっしゅぼーやの株式100%を譲受け、グループ化をしました。

らでぃっしゅぼーやとの統合により、今年度は610億円の売上高を目指しており「より多くの人が良い食生活を送ることができる」社会を目指し、デジタルマーケティング、生産者ネットワーク、物流面などのシナジーを創出し、高付加価値な食品宅配のマーケットをけん引してまいります。

なお、「Oisix」「大地を守る会」「らでぃっしゅぼーや」のサービスブランドは今後も継続します。


オイシックスドット大地株式会社について
オイシックスドット大地株式会社は、有機・特別栽培野菜、添加物を極力使わない加工食品など安心・安全に配慮した食品の宅配サービスを「Oisix(おいしっくす)」および「大地を守る会」にて提供しています。

2013年7月からは、必要量の食材とレシピがセットになったミールキット「Kit Oisix」を展開し、累計出荷数が1000万食(2018年5月時点)を越え、好評を得ています。

今後は株式会社NTTドコモと、ミールキット専用のECサイトを立ち上げる予定です。

また、2018年2月より、同じく有機野菜などの宅配サービスを手がけるらでぃっしゅぼーや株式会社を子会社化し、より良い食卓の広がりを目指して参ります。

買い物難民を支援する移動スーパー事業、とくし丸も順調に事業を拡大しております。


[関連記事]
オイシックスドット大地、ドコモグループ「らでぃっしゅぼーや」の全株式を取得
オイシックスドット大地とヤマト運輸が共同実証。効率的な農産品物流の構築へ
オイシックスドット大地、食品宅配の海外展開を強化。中国法人を設立し、年内に上海にてサービス開始