アマゾン、植物工場の主力販売先スーパー「ホールフーズ」を137億ドルにて買収

 アメリカのAmazon.com(アマゾン・ドットコム)は、オーガニック商品などを中心に取り扱う高級スーパーのホールフーズ・マーケットを137億ドルにて買収することを6月16日に発表した。

年間7,000~8,000億ドルの巨大市場といわれる米国の食料品ビジネスに対してアマゾンでは、ネット上のオンライン、リアルな実店舗(小売スーパー)の両方を最大限に活用しながら、業界トップのウォルマートを追い上げる。

今回のAmazonとの連携について「高品質・経験・利便性・イノベーションを顧客にもたらし、同社の価値を最大限に高める良い機会になった」とホールフーズの共同設立者・CEOのジョン・マッキー氏は述べている。

今後もホールフーズのブランド名は継続し、世界中のベンダー・パートナーとの関係性は維持する。また、テキサス州・オースティンにある現在の本社も移動する予定はない、という。

ホールフーズ・マーケットについて

1978年にテキサス州・オースティンにて設立。自然食品・オーガニック食品・地産地消などの商品をメインにて取扱い、「健康・環境」といったテーマを訴求するアメリカの代表的なスーパー。

2016年度の売上高は約160億ドル、米国を中心にカナダ、イギリスなどにも進出しており460店舗以上を展開している。

アマゾン、植物工場の販売先・小売企業「ホールフーズ」を137億ドルにて買収

ニューヨークの店舗ではスーパーの屋上スペースにてオランダから輸入した太陽光利用型植物工場を設置し、究極の地産地消(スーパー・ローカルフード)ビジネスに挑戦している

同社では、ニューヨークなどの大都市でも、地元食材を優先的に調達しており、都市部周辺の太陽光利用型・完全人工光型植物工場にて生産した野菜を ”オーガニック” ”(究極の)地産地消” ”高栄養化・新鮮野菜” などをアピールしながら販売している。

例えば、750万ドルの資金調達に成功したニューヨークの完全人工光型植物工場ベンチャーのBowery Farming社もホールフーズ・マーケットは主力販売先の一つである。

植物工場ベンチャーBowery Farming社が750万ドルの資金調達に成功。地産地消型モデルの普及へ

アマゾンによる買収にて、多くの植物工場による生産者が主力販売先を失うことはないだろうが、業界にも大きな変化や新たなビジネスチャンスが生まれる可能性は多いにあるだろう。