東京ドローンプラス、農薬散布用ドローン『ヘリオス10』の発売開始

東京ドローンプラスは、“農薬散布用ドローンのパイオニア” スカイロードと共同開発した、新型農薬散布用ドローン『ヘリオス10』の発売を開始した。

「農家さんの農家さんによる、農家さんのためのドローン」をテーマに開発したドローン。必要最小限の機能でありながら、業界屈指の10Lの液剤搭載可能。農家さんの声(ニーズ)をもとに、低価格で安定した農薬散布飛行を実現させました。

ドローンを飛ばしたことの無い方でもマンツーマンの講習をご用意いたしていますので、ドローン初心者の方でも安心して導入可能となっています。
東京ドローンプラス、農薬散布用ドローン『ヘリオス10』の発売開始
【ヘリオスの3つのコンセプト】
1.農家さんの手に届きやすい安心価格

~過剰な性能やデザインにとらわれず、農薬散布に最適な機能と安全性を兼ね備えた安心価格

2.農家さん自らが容易に散布できる安定飛行とコンパクトで安心な設計
~農家さん自身が散布したい時に自由に飛ばせる安定飛行と折畳めば車の助手席に収まるコンパクトで安心な設計

3.どなたでも不安なく導入できる安心サポート
~熟練した講師によるマンツーマン講習や、メール・FAXによるお問合せ対応など充実した安心サポート

【ヘリオス10の特徴と仕様】
1.農薬散布に必要な直進性・高度維持を実現したフライトコントローラーDJI製「N3」を搭載
2.業界屈指の10L散布可能 *オプションで粒剤散布との兼用可能
3.液剤のゆれに強い円錐タンクを採用
4. バッテリーには、余裕のフライトを可能にした12セルを採用と共に安全面を考慮して本体機体側に電源スイッチを装備
5.剛性の強いフレームと大きなプロペラ・大きなモーターでの安定飛行を実現
6.各パーツ単位で修理や交換が行えるスピーディーで優れたメンテナンス性
7.業界屈指の飛行時間 タンク空:24分 10L散布:8分
8.業界屈指のノズル4頭で散布幅最大7m(高度 約3mの場合)
9. 折畳み式アームで車の助手席にすっぽり収納
10.マンツーマンでの経験豊かな講師による講習付

【ヘリオス10の価格】
標準価格:85万円(税抜き)

上記価格に含まれるもの
・機体本体、プロペラ1式、バッテリー1式(10000mAh 4本)、散布用タンク・ノズル、送信機等 購入してすぐに農薬散布が可能なものが全て含まれています。
・マンツーマンでの経験豊かな講師による講習付
・サポート・メンテナンス情報発信、飛行申請のお手伝いをするヘリオスクラブへの入会

東京ドローンプラスURL
URL: http://www.tdplus.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  2. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  3. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  4. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  5. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  6. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  7. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  8. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  9. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  10. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  2. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  3. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  4. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
ページ上部へ戻る