矢野経済研究所「コメビジネス・米飯市場」に関する調査。国内の米飯市場規模は2兆円を超える

 矢野経済研究所ではコメビジネスと日本国内の米飯市場の調査を実施した。本調査における米飯市場とは、日本国内の日配米飯(弁当、おにぎり、持ち帰り弁当、持ち帰り寿司、持ち帰り丼、給食弁当他)と加工米飯(冷凍米飯、レトルト米飯、無菌包装米飯他)を対象とし、小売金額ベースで算出した。

<コメビジネスとは>
本調査におけるコメビジネスとは、日本企業が主体となってコメの品種開発から生産、加工、流通、販売の一連のプロセスに広く係わるビジネス(国産米の輸出及び短粒種である日本(ジャポニカ)米などの海外現地生産関連ビジネスを含む)と、高機能米の開発・加工関連ビジネスを対象とする。
矢野経済研究所「コメビジネス・米飯市場」に関する調査。国内の米飯市場規模は2兆円を超える
■調査結果サマリー
◆2016年度の米飯市場は前年度比102.1%の2兆4,203億円の見込

 2014年度の日本国内の米飯市場規模(小売金額ベース)は前年度比102.2%の2兆3,295億円、2015年度の同市場規模は前年度比101.8%の2兆3,708億円と推計した。

弁当やおにぎりなどの日配米飯は、東日本大震災をきっかけとして高齢者などのコンビニエンスストア利用が増えたことなどから消費が増加に転じ、好調を維持している。

また、無菌包装米飯や冷凍米飯などの加工米飯についても、震災時に利便性の高さが評価され、その後も常食での利用が広がっていることや小容量サイズ、機能性・栄養価などを差別化した商品が好調なことから、2016年度の同市場規模(同ベース)を前年度比102.1%の2兆4,203億円の見込みである。

◆海外需要の獲得、高機能米の開発を目指すコメビジネスが進展
 海外に活路を見出し、国産米の輸出や日本(ジャポニカ)米などの海外現地生産、消費拡大に取り組み、ひいては日本の農業の活性化に貢献することを目的としたコメビジネスが活発化している。

また、国内では昨今の消費者ニーズを反映してコメの高付加価値化が進んでおり、高度な精米・加工技術を駆使して玄米の栄養素をできる限り残した高機能米の開発が進んでいる。さらに、日本のコメビジネスは、川上の農業から川下の外食、中食事業までをグループ企業で担う垂直統合型のビジネスモデルへと発展しつつあり、異業種からの市場参入も盛んである。

■この調査結果掲載の資料
資料名:「2016年版 変貌するコメビジネス・米飯市場の展望と戦略」

http://www.yano.co.jp/market_reports/C58108200

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  2. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  4. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  5. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  6. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  7. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  8. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  9. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  10. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  2. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  3. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  4. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
ページ上部へ戻る