農業に挑戦するプレイヤーを支えるプラットフォームを目指す「坂ノ途中」 総額2億円の資⾦調達を実⾏

 新規就農者の支援プラットフォームを目指す株式会社坂ノ途中は、三井住友海上キャピタルが運営するMSIVC2016V投資事業有限責任組合、朝日放送株式会社によるコーポレートベンチャーキャピタル「ABCドリームベンチャーズ」が運営するABCドリームファンド1号投資事業有限責任組合などを割当先として総額約2億円の資⾦調達を実施した。

 坂ノ途中は、「100 年先も続く農業を」というメッセージを掲げ、環境負荷の⼩さい農業に挑戦する新規就農者と連携して事業を展開してきました。新規就農者は栽培技術を磨いても、農地条件などの影響により⽣産が少量不安定になりがちです。

新規就農者を増やし農業の持続可能性を確保するためには、少量不安定な農産物を流通させられる新たな仕組みが必要です。坂ノ途中では、栽培品目や時期の全体最適を図りリスク分散させながら、成⻑が⾒込まれるネット通販を主軸として複数の販路を組み合わせることで、新規就農者の作る少量不安定、だけど品質の⾼い農産物を流通させることに成功しています。

 今回の資⾦調達を通じて、経営体制の強化を図るとともに、ネット通販の集客⼒の向上、⽣産者との関係構築による供給体制の強化や、⽣産者やバイヤーを支える新規事業開発を進めてまいります。環境負荷の⼩さい農業に挑戦する人たちを支え増やしていくプラットフォームとなれるよう、引き続き全⼒で取り組んでまいります。

〈株式会社坂ノ途中 会社概要〉
 環境負荷の⼩さい農業を営む若⼿農家や新規就農者を増加させ、農業の持続可能化を達成することを目的とし、2009年7⽉に設⽴された企業です。実は、環境への負担の⼩さい、持続可能な農業を志し新規就農を目指す方は増えていますが、たいていの人は就農までたどり着きません。就農を果たしたとしても、多くの人は続けられずに辞めてしまいます。

新規就農で確保できる農地は⼩規模だったり水はけが悪い等条件が良くないことが多く、彼ら/彼⼥らが栽培する農産物は少量だったり不安定になりがちです。そのため⼀般的なバイヤーから⾒て新規就農者は「つきあいにくい相⼿」と映ってしまうのです。

当社はこの問題を解決すべく、新規就農者を中心に100 件程度の農業者と提携し、作付けの計画から共に⽴てていくことで、⼀軒⼀軒では少量で不安定でも、グループ全体としてはまとまった数量を安定的に供給できるという体制を構築しています。

また、持続可能な社会のカタチを例⽰するべく2012年からはウガンダにて有機農業普及事業を、新規就農者増を加速させるべく2013年からは京都にて育成機能を持つ⾃社農場の運営をスタートさせています。

本社︓ 〒601-8311 京都市南区吉祥院⻄ノ庄東屋敷町126
代表者︓ ⼩野邦彦(代表取締役)
創業︓ 2009 年7 ⽉21 日
資本⾦︓ 250,130,000 円(今回の増資分は登記未了。資本準備⾦含む)
URL: http://www.on-the-slope.com
事業内容︓「少量不安定、だけど、おいしい。」ハンドメイドな野菜の販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  2. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  3. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  4. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  5. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  6. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  7. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  8. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  9. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  10. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
  2. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  3. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  4. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
ページ上部へ戻る