三菱化学、フィンランドのレストランと完全人工型植物工場「Plant Plant」の実証試験を開始

 三菱化学株式会社は、フィンランドの五ツ星レストランRavintola Savoyとの間で、同社が開発した完全人工光型植物工場システム「Plant Plant™」の実証試験と共同マーケティングを実施する。
三菱化学、フィンランドのレストランと完全人工型植物工場「Plant Plant」の実証試験を開始
 Savoyは 1937 年に開業したヘルシンキ有数の老舗高級レストランだ。2010 年からレストランのルーフトップガーデンテラスで、自家製マイクロハーブや食用花など年間で50種以上の植物を栽培・収穫し、提供する独自のメニューに使用している。
しかし、ヘルシンキの冬は非常に厳しく毎年10 月~5月の間はテラスでの栽培が不可能で、冬のシーズンはメニュー変更を行う必要があった。
三菱化学、フィンランドのレストランと完全人工型植物工場「Plant Plant」の実証試験を開始
Savoyは来年開業80周年を迎える。その記念事業の一環として同社のディスプレイ型植物工場システムを店内に導入し、通年でハーブや食用花を栽培、メニューへの採用を見込んでいる。
11月下旬に播種を行い、約3週間後には収穫の見込みとなっていて、収穫されるマイクロハーブや食用花は、大晦日のディナーから客に提供される予定だ。

 その一方で、三菱化学株式会社はSavoyから栽培データや顧客の反応などのフィードバックを受け、新品種の共同開発および栽培方法の確立に取り組むとともに「Plant Plant™」の北欧エリアでのプレマーケティングも開始する。

完全人工光型植物工場「Plant PlantTM」
「Plant Plant™」は、完全人工光型で、光のほかにも温度、湿度、養分などの育成環境を最適な状態に制御することにより、気候に左右されることがなく、年間を通じて同じ品質の野菜を栽培することができる。同社の設備プラントは国内の他、ロシアや香港でも販売実績を持つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  2. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  3. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  4. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  5. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  6. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  7. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  8. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  9. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  3. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  4. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
ページ上部へ戻る