三菱化学、フィンランドのレストランと完全人工型植物工場「Plant Plant」の実証試験を開始

 三菱化学株式会社は、フィンランドの五ツ星レストランRavintola Savoyとの間で、同社が開発した完全人工光型植物工場システム「Plant Plant™」の実証試験と共同マーケティングを実施する。
三菱化学、フィンランドのレストランと完全人工型植物工場「Plant Plant」の実証試験を開始
 Savoyは 1937 年に開業したヘルシンキ有数の老舗高級レストランだ。2010 年からレストランのルーフトップガーデンテラスで、自家製マイクロハーブや食用花など年間で50種以上の植物を栽培・収穫し、提供する独自のメニューに使用している。
しかし、ヘルシンキの冬は非常に厳しく毎年10 月~5月の間はテラスでの栽培が不可能で、冬のシーズンはメニュー変更を行う必要があった。
三菱化学、フィンランドのレストランと完全人工型植物工場「Plant Plant」の実証試験を開始
Savoyは来年開業80周年を迎える。その記念事業の一環として同社のディスプレイ型植物工場システムを店内に導入し、通年でハーブや食用花を栽培、メニューへの採用を見込んでいる。
11月下旬に播種を行い、約3週間後には収穫の見込みとなっていて、収穫されるマイクロハーブや食用花は、大晦日のディナーから客に提供される予定だ。

 その一方で、三菱化学株式会社はSavoyから栽培データや顧客の反応などのフィードバックを受け、新品種の共同開発および栽培方法の確立に取り組むとともに「Plant Plant™」の北欧エリアでのプレマーケティングも開始する。

完全人工光型植物工場「Plant PlantTM」
「Plant Plant™」は、完全人工光型で、光のほかにも温度、湿度、養分などの育成環境を最適な状態に制御することにより、気候に左右されることがなく、年間を通じて同じ品質の野菜を栽培することができる。同社の設備プラントは国内の他、ロシアや香港でも販売実績を持つ。