NECソリューションイノベータ、データ分析による未来予測に基づく高級ブドウ生産支援技術の研究を実施

 NECソリューションイノベータは、香川県農業試験場府中果樹研究所と共に、ICTを活用して、高級ブドウを房毎に品質管理し生産指導を行う技術を研究しており、今回はシャインマスカットに関する豊富な栽培データを利用して、栽培から出荷・流通まで、生産者が活用しやすい作業環境で、高級ブドウの品質管理と生産指導について実証研究を行った。
NECソリューションイノベータ、データ分析による未来予測に基づく高級ブドウ生産支援技術の研究を実施
本技術の実証として、シャインマスカットの房単位にICタグを付けた状態で品質を継続的に計測していき、クラウド上に蓄積し分析することで、データ分析による収穫予測の自動判定を行いました。これにより、勘や経験に頼らずに房毎の収穫適期の判断が容易になりました。

■開発技術の特長
1.高級ブドウ向け学習塾モデルを採用

学習塾モデルは、生産者ごとに、農作物の糖度やサイズなどについての収穫時の目標値および、その目標に到達するための中間目標を設定して、栽培の途中で中間目標と実際の値の差を縮めていくように栽培しながら、目標値を達成するという栽培指導モデルです。

中間目標は、例年の成長事例をベースに、専門家が作成する成長予測曲線から、最適な値を設定します。このように、過去のデータを活用した成長予測曲線を用いることで、収穫適期などの未来予測が可能になります。

2.入力を支援する検査端末で記録作業をサポート
IT機器の利用によって記録作業の負担を最小にする、検査端末を開発しました。生産者は、検査端末としてスマートフォンと糖度計の2つを持ち、スマートフォンの音声ガイダンスに従って操作を行うだけで、必要な情報を記録することができます。

例えば、ブドウの房に付けたICタグにスマートフォンを近づけて読み取ると、スマートフォンの音声ガイダンスが測定用の房を採取して糖度計で測定するように指示をします。測定後、糖度の値が糖度計から無線でスマートフォンに送信され、そこからクラウド上に自動送信されます。

香川県農業試験場府中果樹研究所と共に行った実証では、従来は、生産者が経験と勘で判断していた収穫時期を、定期的な糖度測定データに基づきシステムが収穫時期を予想することにより、生産者がより的確に判断できるようになりました。

8月中下旬には、ICタグ付きのシャインマスカットを、高松市の百貨店などで試験販売を行いました。その結果、ICタグを通じて栽培履歴や生産の工程管理状況を見ることができる点に評価をいただき、市場関係者からは、確度の高い出荷予測や高級ブドウの品質安定化について今後の期待を受けています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  4. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  5. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  8. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  9. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  10. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  2. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  3. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  4. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
ページ上部へ戻る