NECソリューションイノベータ、データ分析による未来予測に基づく高級ブドウ生産支援技術の研究を実施

 NECソリューションイノベータは、香川県農業試験場府中果樹研究所と共に、ICTを活用して、高級ブドウを房毎に品質管理し生産指導を行う技術を研究しており、今回はシャインマスカットに関する豊富な栽培データを利用して、栽培から出荷・流通まで、生産者が活用しやすい作業環境で、高級ブドウの品質管理と生産指導について実証研究を行った。
NECソリューションイノベータ、データ分析による未来予測に基づく高級ブドウ生産支援技術の研究を実施
本技術の実証として、シャインマスカットの房単位にICタグを付けた状態で品質を継続的に計測していき、クラウド上に蓄積し分析することで、データ分析による収穫予測の自動判定を行いました。これにより、勘や経験に頼らずに房毎の収穫適期の判断が容易になりました。

■開発技術の特長
1.高級ブドウ向け学習塾モデルを採用

学習塾モデルは、生産者ごとに、農作物の糖度やサイズなどについての収穫時の目標値および、その目標に到達するための中間目標を設定して、栽培の途中で中間目標と実際の値の差を縮めていくように栽培しながら、目標値を達成するという栽培指導モデルです。

中間目標は、例年の成長事例をベースに、専門家が作成する成長予測曲線から、最適な値を設定します。このように、過去のデータを活用した成長予測曲線を用いることで、収穫適期などの未来予測が可能になります。

2.入力を支援する検査端末で記録作業をサポート
IT機器の利用によって記録作業の負担を最小にする、検査端末を開発しました。生産者は、検査端末としてスマートフォンと糖度計の2つを持ち、スマートフォンの音声ガイダンスに従って操作を行うだけで、必要な情報を記録することができます。

例えば、ブドウの房に付けたICタグにスマートフォンを近づけて読み取ると、スマートフォンの音声ガイダンスが測定用の房を採取して糖度計で測定するように指示をします。測定後、糖度の値が糖度計から無線でスマートフォンに送信され、そこからクラウド上に自動送信されます。

香川県農業試験場府中果樹研究所と共に行った実証では、従来は、生産者が経験と勘で判断していた収穫時期を、定期的な糖度測定データに基づきシステムが収穫時期を予想することにより、生産者がより的確に判断できるようになりました。

8月中下旬には、ICタグ付きのシャインマスカットを、高松市の百貨店などで試験販売を行いました。その結果、ICタグを通じて栽培履歴や生産の工程管理状況を見ることができる点に評価をいただき、市場関係者からは、確度の高い出荷予測や高級ブドウの品質安定化について今後の期待を受けています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  2. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  3. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  4. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  5. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  6. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  7. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  8. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  9. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  10. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  2. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  3. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  4. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
ページ上部へ戻る