韓国LGグループによる約350億円の巨大農業パークが中止。地元農家からの大きな反発が原因

 製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約350億円の巨大資金を投じてスマート・バイオパークと呼ばれる植物工場をはじめとする最先端農業の複合施設を建設する計画を発表していたが(参考記事)、本事業の公式な撤回を表明した。
以下、関連記事の一部を掲載しておく。

韓国 LG「スマートファーム」事業計画の撤回を公式に発表

 韓国の大手企業LGグループの情報技術(IT)系列会社であるLG CNS社が、今月21日これまで進めてきたスマートファーム計画「セマングム・バイオパーク・プロジェクト」の公式撤回を表明した。

このプロジェクトは、今年7月初めにLG CNS社が発表した事業計画で、韓国最大の干拓地である全羅北道(チョンラブッド)セマングムの産業団地に情報通信技術(ICT)を活用した大規模なスマートファームを設けるというもの。スマートファームとは、肥料、水、土壌など「農業インフラ」を遠隔自動制御できる技術を備えた農場のことである。

 LGグループは同プロジェクトに向けて、3800億ウォン(約350億円)にもなる資金を投入し、およそ76ヘクタールに及ぶ広大な敷地にハイテク栽培施設や植物工場、研究開発施設、加工工場、流通施設などを建設し、2018年の稼働開始を目指していた。

 しかし、地元農家の間では「大手企業の農業参入」として、当初より非常に反発が強かった。なぜならば、LGグループの大規模な農業生産によって、地元農家の生計が脅かされると危惧していたためだ。

 これにちなんでLG側は、事業計画に加え、国内マーケットでの競争は避けるため、地元農家の利益を阻害することはないという点や、あくまでも農家とwin-winな関係であると主張してきた。さらにはスマートファームを運営する上での、さまざまな条件も付け加えた。例えば、作物の栽培は全て既存の農家に任せる点や、スマートファームで栽培された作物は全て輸出する、などというものだ。

 その後も、農家を説得するための説明会が幾度と開かれたが、農家の反発をおさえることはできなかった。やがて地元農家たちは、共同対策委員会(共対委)を構成してプロジェクトの中断を要求し、全羅北道議会もまた「LGの農業への進出を阻止する決議案」を通過させた。

状況が予想以上に困難を極め、プロジェクトに投資を申し出た海外企業も「待った」をかける始末。当初より農家たちを説得できると自信を示していたLG側も、さすがにプロジェクトの全面白紙化を検討せざるを得なくなった。

詳細記事: 韓国LG「スマートファーム」事業計画の撤回を公式に発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  2. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  3. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  4. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  5. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  6. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  7. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  8. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  9. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  10. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  2. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
ページ上部へ戻る