JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も

 JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRとまとランドいわきファーム」で採れたトマトをJR東日本グループのネットワークを活用し、首都圏で本格的に展開する。
JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
~JRとまとランドいわきファームで採れたトマトが首都圏で本格展開をスタート~
○JR東日本グループでは、「グループ経営構想Ⅴ~限りなき前進~」の中で「地域に生きる」を一つのコンセプトとし、地産品の販路拡大や6次産業化に向けたものづくりに取り組んでいます。

○様々な取り組みを進めていく中で農産物の「作り手」が減少しているという地域の現状に接し、同じ想いを持つ農業者と連携して、㈱JRとまとランドいわきファームを福島県いわき市に設立しました。

○JR東日本グループが取り組む、6次産業化に向けたプロジェクト「のもの1-2-3」プロジェクトの一環として、「JRとまとランドいわきファーム」で採れたトマトをJR東日本グループのネットワークを活用し、首都圏で本格的に展開してまいります。

○10月からJRとまとをジェイアール東日本フードビジネスが運営する「ベッカーズ」の創業30周年記念期間限定商品や様々なメニューに活用、首都圏のエキナカを中心に本格的に販売を開始いたします。

○「のもの1-2-3」プロジェクトは、商品開発と販売を通じて 6 次産業化に向けたものづくりを推進し、地域における新たな産業の創出とさらなるマーケットの需要拡大を図るプロジェクトです。

■“JRとまとランドいわきファーム”で採れたトマトを活用したメニューについて
10月よりJR東日本グループのネットワークを活用し、首都圏エキナカ店舗やホテル・レストランで“JRとまとランドいわきファーム”で採れたトマトを活用した様々なメニューの提供を本格的に行ってまいります。様々なお客さまに、様々な飲食シーンでいわき産トマトの美味しさをご提案します。

<ジェイアール東日本フードビジネス 株式会社>
熟成アンガスビーフ 「別格」ザ★プレミアムバーガー
商品特徴

ジェイアール東日本フードビジネスが運営する「ベッカーズ」の創業30周年記念期間限定商品。具材の一部に、JRとまとランドいわきファーム産のトマト、トマトケチャップを使用。
【展開】首都圏17店舗で展開
【価格(税込)】1,280円
【販売期間】10月1日(土)~10月31日(月)
JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
クラブハウスサンド B.L.T.サンド
商品特徴

ジェイアール東日本フードビジネスが運営する「ベックスコーヒーショップ」の人気定番サンドイッチ。具材の一部に使用するトマトをJRとまとランドいわきファーム産のトマトに変更。
【展開】首都圏など84店舗で展開
【価格(税込)】420円
【販売期間】9月~順次変更
JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
<株式会社 JR東日本リテールネット>
カンパリトマトのイタリアンパスタサラダ
商品特長

旨味が強く、人気のある品種のカンパリ種トマトを使用したパスタサラダ。サクサクのクルトン、ベーコンビッツにバジル風味のパスタを合わせクリーミーイタリアンドレッシングでお召し上がりいただけます。
【展開】首都圏のNewDays 約400店舗で展開
【価格(税込)】398円
【販売期間】10月18日(火)~11月8日(火)
JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
<株式会社 紀ノ國屋>
中玉トマト・ミニトマト(8種類)
中玉トマト(カンパリ種)、ミニトマト(フラガール種)など、人気のある品種を販売。
※天候等により入荷状況が異なります
【展開】インターナショナル(青山店)など首都圏6店舗で展開
【価格】商品によって異なります。
【販売期間】9月下旬~※通年予定

■6次産業化に向けたプロジェクト「のもの1-2-3」プロジェクトについて
従来から取り組んできた地域再発見プロジェクトにおいて、より大きな循環を生み出すべく、地域の魅力ある農産物等の素材と優れた加工技術を組み合わせ、JR東日本グループがプロデュースすることにより、地域の6次産業化に向けたものづくりを推進していきます。

そのために、「のもの」などエキナカを中心とした店舗等を活用して「マーケティング・消費者ニーズの共有」、「テスト販路の活用」、「食品表示や衛生基準など商品開発に関わる情報の共有」などを行い、消費者が求める商品の開発につながる循環を創出していきます。これにより新たな産業の創出とさらなるマーケットの需要拡大を図り、雇用・交流人口の拡大促進に貢献します。

■「JRとまとランドいわきファーム」について
JR東日本と地域の農業者が連携して2014年9月に設立した「株式会社JRとまとランドいわきファーム」(本社:福島県いわき市、代表取締役:元木寛)は、2016年7月15日(金)より「フラガール」など、11種類のトマト(大玉・中玉・ミニ)の出荷を開始しました。

年間約600tのトマトを収穫し、地元いわき中央卸売市場への出荷のほか、JR東日本グループや隣接する「ワンダーファーム」で加工商品化や販売、レストランでのメニューとして活用します。
JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も