JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も

 JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRとまとランドいわきファーム」で採れたトマトをJR東日本グループのネットワークを活用し、首都圏で本格的に展開する。
JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
~JRとまとランドいわきファームで採れたトマトが首都圏で本格展開をスタート~
○JR東日本グループでは、「グループ経営構想Ⅴ~限りなき前進~」の中で「地域に生きる」を一つのコンセプトとし、地産品の販路拡大や6次産業化に向けたものづくりに取り組んでいます。

○様々な取り組みを進めていく中で農産物の「作り手」が減少しているという地域の現状に接し、同じ想いを持つ農業者と連携して、㈱JRとまとランドいわきファームを福島県いわき市に設立しました。

○JR東日本グループが取り組む、6次産業化に向けたプロジェクト「のもの1-2-3」プロジェクトの一環として、「JRとまとランドいわきファーム」で採れたトマトをJR東日本グループのネットワークを活用し、首都圏で本格的に展開してまいります。

○10月からJRとまとをジェイアール東日本フードビジネスが運営する「ベッカーズ」の創業30周年記念期間限定商品や様々なメニューに活用、首都圏のエキナカを中心に本格的に販売を開始いたします。

○「のもの1-2-3」プロジェクトは、商品開発と販売を通じて 6 次産業化に向けたものづくりを推進し、地域における新たな産業の創出とさらなるマーケットの需要拡大を図るプロジェクトです。

■“JRとまとランドいわきファーム”で採れたトマトを活用したメニューについて
10月よりJR東日本グループのネットワークを活用し、首都圏エキナカ店舗やホテル・レストランで“JRとまとランドいわきファーム”で採れたトマトを活用した様々なメニューの提供を本格的に行ってまいります。様々なお客さまに、様々な飲食シーンでいわき産トマトの美味しさをご提案します。

<ジェイアール東日本フードビジネス 株式会社>
熟成アンガスビーフ 「別格」ザ★プレミアムバーガー
商品特徴

ジェイアール東日本フードビジネスが運営する「ベッカーズ」の創業30周年記念期間限定商品。具材の一部に、JRとまとランドいわきファーム産のトマト、トマトケチャップを使用。
【展開】首都圏17店舗で展開
【価格(税込)】1,280円
【販売期間】10月1日(土)~10月31日(月)
JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
クラブハウスサンド B.L.T.サンド
商品特徴

ジェイアール東日本フードビジネスが運営する「ベックスコーヒーショップ」の人気定番サンドイッチ。具材の一部に使用するトマトをJRとまとランドいわきファーム産のトマトに変更。
【展開】首都圏など84店舗で展開
【価格(税込)】420円
【販売期間】9月~順次変更
JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
<株式会社 JR東日本リテールネット>
カンパリトマトのイタリアンパスタサラダ
商品特長

旨味が強く、人気のある品種のカンパリ種トマトを使用したパスタサラダ。サクサクのクルトン、ベーコンビッツにバジル風味のパスタを合わせクリーミーイタリアンドレッシングでお召し上がりいただけます。
【展開】首都圏のNewDays 約400店舗で展開
【価格(税込)】398円
【販売期間】10月18日(火)~11月8日(火)
JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
<株式会社 紀ノ國屋>
中玉トマト・ミニトマト(8種類)
中玉トマト(カンパリ種)、ミニトマト(フラガール種)など、人気のある品種を販売。
※天候等により入荷状況が異なります
【展開】インターナショナル(青山店)など首都圏6店舗で展開
【価格】商品によって異なります。
【販売期間】9月下旬~※通年予定

■6次産業化に向けたプロジェクト「のもの1-2-3」プロジェクトについて
従来から取り組んできた地域再発見プロジェクトにおいて、より大きな循環を生み出すべく、地域の魅力ある農産物等の素材と優れた加工技術を組み合わせ、JR東日本グループがプロデュースすることにより、地域の6次産業化に向けたものづくりを推進していきます。

そのために、「のもの」などエキナカを中心とした店舗等を活用して「マーケティング・消費者ニーズの共有」、「テスト販路の活用」、「食品表示や衛生基準など商品開発に関わる情報の共有」などを行い、消費者が求める商品の開発につながる循環を創出していきます。これにより新たな産業の創出とさらなるマーケットの需要拡大を図り、雇用・交流人口の拡大促進に貢献します。

■「JRとまとランドいわきファーム」について
JR東日本と地域の農業者が連携して2014年9月に設立した「株式会社JRとまとランドいわきファーム」(本社:福島県いわき市、代表取締役:元木寛)は、2016年7月15日(金)より「フラガール」など、11種類のトマト(大玉・中玉・ミニ)の出荷を開始しました。

年間約600tのトマトを収穫し、地元いわき中央卸売市場への出荷のほか、JR東日本グループや隣接する「ワンダーファーム」で加工商品化や販売、レストランでのメニューとして活用します。
JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  2. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  3. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  4. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  6. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  7. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  8. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  9. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  10. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  2. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  3. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
ページ上部へ戻る