JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も

 JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRとまとランドいわきファーム」で採れたトマトをJR東日本グループのネットワークを活用し、首都圏で本格的に展開する。
JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
~JRとまとランドいわきファームで採れたトマトが首都圏で本格展開をスタート~
○JR東日本グループでは、「グループ経営構想Ⅴ~限りなき前進~」の中で「地域に生きる」を一つのコンセプトとし、地産品の販路拡大や6次産業化に向けたものづくりに取り組んでいます。

○様々な取り組みを進めていく中で農産物の「作り手」が減少しているという地域の現状に接し、同じ想いを持つ農業者と連携して、㈱JRとまとランドいわきファームを福島県いわき市に設立しました。

○JR東日本グループが取り組む、6次産業化に向けたプロジェクト「のもの1-2-3」プロジェクトの一環として、「JRとまとランドいわきファーム」で採れたトマトをJR東日本グループのネットワークを活用し、首都圏で本格的に展開してまいります。

○10月からJRとまとをジェイアール東日本フードビジネスが運営する「ベッカーズ」の創業30周年記念期間限定商品や様々なメニューに活用、首都圏のエキナカを中心に本格的に販売を開始いたします。

○「のもの1-2-3」プロジェクトは、商品開発と販売を通じて 6 次産業化に向けたものづくりを推進し、地域における新たな産業の創出とさらなるマーケットの需要拡大を図るプロジェクトです。

■“JRとまとランドいわきファーム”で採れたトマトを活用したメニューについて
10月よりJR東日本グループのネットワークを活用し、首都圏エキナカ店舗やホテル・レストランで“JRとまとランドいわきファーム”で採れたトマトを活用した様々なメニューの提供を本格的に行ってまいります。様々なお客さまに、様々な飲食シーンでいわき産トマトの美味しさをご提案します。

<ジェイアール東日本フードビジネス 株式会社>
熟成アンガスビーフ 「別格」ザ★プレミアムバーガー
商品特徴

ジェイアール東日本フードビジネスが運営する「ベッカーズ」の創業30周年記念期間限定商品。具材の一部に、JRとまとランドいわきファーム産のトマト、トマトケチャップを使用。
【展開】首都圏17店舗で展開
【価格(税込)】1,280円
【販売期間】10月1日(土)~10月31日(月)
JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
クラブハウスサンド B.L.T.サンド
商品特徴

ジェイアール東日本フードビジネスが運営する「ベックスコーヒーショップ」の人気定番サンドイッチ。具材の一部に使用するトマトをJRとまとランドいわきファーム産のトマトに変更。
【展開】首都圏など84店舗で展開
【価格(税込)】420円
【販売期間】9月~順次変更
JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
<株式会社 JR東日本リテールネット>
カンパリトマトのイタリアンパスタサラダ
商品特長

旨味が強く、人気のある品種のカンパリ種トマトを使用したパスタサラダ。サクサクのクルトン、ベーコンビッツにバジル風味のパスタを合わせクリーミーイタリアンドレッシングでお召し上がりいただけます。
【展開】首都圏のNewDays 約400店舗で展開
【価格(税込)】398円
【販売期間】10月18日(火)~11月8日(火)
JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
<株式会社 紀ノ國屋>
中玉トマト・ミニトマト(8種類)
中玉トマト(カンパリ種)、ミニトマト(フラガール種)など、人気のある品種を販売。
※天候等により入荷状況が異なります
【展開】インターナショナル(青山店)など首都圏6店舗で展開
【価格】商品によって異なります。
【販売期間】9月下旬~※通年予定

■6次産業化に向けたプロジェクト「のもの1-2-3」プロジェクトについて
従来から取り組んできた地域再発見プロジェクトにおいて、より大きな循環を生み出すべく、地域の魅力ある農産物等の素材と優れた加工技術を組み合わせ、JR東日本グループがプロデュースすることにより、地域の6次産業化に向けたものづくりを推進していきます。

そのために、「のもの」などエキナカを中心とした店舗等を活用して「マーケティング・消費者ニーズの共有」、「テスト販路の活用」、「食品表示や衛生基準など商品開発に関わる情報の共有」などを行い、消費者が求める商品の開発につながる循環を創出していきます。これにより新たな産業の創出とさらなるマーケットの需要拡大を図り、雇用・交流人口の拡大促進に貢献します。

■「JRとまとランドいわきファーム」について
JR東日本と地域の農業者が連携して2014年9月に設立した「株式会社JRとまとランドいわきファーム」(本社:福島県いわき市、代表取締役:元木寛)は、2016年7月15日(金)より「フラガール」など、11種類のトマト(大玉・中玉・ミニ)の出荷を開始しました。

年間約600tのトマトを収穫し、地元いわき中央卸売市場への出荷のほか、JR東日本グループや隣接する「ワンダーファーム」で加工商品化や販売、レストランでのメニューとして活用します。
JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  3. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  4. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  5. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  6. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  7. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  8. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  9. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  10. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  2. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  3. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  4. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
ページ上部へ戻る