日本トリム、電解水素水の農業活用により草津メロンの収穫量130%向上、糖度18度前後を実現

 整水器シェアNo.1の株式会社日本トリムは、2015年より実施していた電解水素水を使用した草津メロンの試験栽培において、通常水(琵琶湖水)で育てたものと比較し、収穫量およびサイズが130%向上、糖度18度前後のメロンが収穫できた、という。
日本トリム、電解水素水の農業活用により草津メロンの収穫量130%向上、糖度18度前後のメロンを収穫日本トリム、電解水素水の農業活用により草津メロンの収穫量130%向上、糖度18度前後のメロンを収穫
■草津メロン栽培について
2015年より滋賀県草津市・湖南中央園芸組合の草津メロンの一部のハウスにおいて、日本トリム製農業用整水器(還元野菜整水器)を試験導入いたしました。

昨年度は、琵琶湖水栽培に比べ電解水素水で栽培したメロンの収穫量およびサイズが130%向上し、糖度は草津メロンの特秀規定糖度である14.6度を大きく上回る18度前後のメロンが収穫でき、大きな有意差のある結果を得ました。
再現性を確認するため、本年も同条件で栽培し、同様の結果を得、再現性が確認できました。栽培概要やデータは以下の通りです。

●生産者:湖南中央園芸組合(滋賀県草津市、前組合長:横江喜代治)
●栽培方法:ハウス栽培
●メロンの品種:タカミ
●定植日:2016年3月19・26日、収穫日:2016年6月24日~7月3日
●電解水素水の散布方法:葉面散布
●糖度
草津メロン基準では、14.6度以上「特秀」と定められており、電解水素水で栽培したメロンは特秀規定糖度を上回る18度前後のメロンが収穫できました。
日本トリム、電解水素水の農業活用により草津メロンの収穫量130%向上、糖度18度前後のメロンを収穫
■生産者コメント(横江前組合長より2016/6/12)
去年より電解水素水を使用してメロンの茎、葉が今までより2倍ぐらいの大きさになり驚きましたが、今年も使用してみて茎の太さ、葉の大きさが去年と変わらない状態に出来、メロンの大きさ、糖度も全て「特秀」を頂きました。

二年間評価して一番良かったことは、収穫前にメロンの木が全てバテなかったのが高品質に繋がったと思います。電解水素水の効果は根の張りを良くし、水分・養分十分に吸い上げている為、メロンの大きさ糖度UPに繋がったと思います。
来年度は更に収益を上げる為、今までメロン1本の木に3個取りをしておりましたが、来年度は試験的に約200本4個取りを試みます。収穫個数を増やす事で、収入に直結させる狙いです。

■日本トリムの農業事業について
当社では農業用水を「電解水素水」に変えるだけで農作物の収穫量増加や、抗酸化成分の増加により果実や野菜の高品質化よる付加価値の高い農作物を販売する事による農家所得の増加を目指しております。

平成23年に整水器から生成した水素を含んだアルカリ性の電解水素水を青ネギの栽培に使用したところ、収穫量・品質が上がったことをきっかけとし、そのメカニズム解明のため、高知大学と電解水素水の農業への応用について共同研究を開始し、エビデンスの取得に注力してまいりました。
現在は、電解水素水で栽培した野菜=還元野菜®の普及、機能性解明を目指して、高知県、南国市、JA南国市、高知大学と5者協定を結び、産官学で「還元野菜プロジェクト」を推進しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  2. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  3. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  4. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  5. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  6. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  8. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  9. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  10. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  2. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  3. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  4. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
ページ上部へ戻る