慶応大学SDM、JA直売所への運搬代行システムに関する実証実験を実施

 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(以下、SDM)の西山敏樹特任准教授らのグループは、全国的に増加している農業協同組合(以下、JA)の直売所に青果物を持ち込む農家の人手不足や高齢化等の問題をふまえ、この運搬を代行するシステムを構築しました。
今回、このシステムの実証実験を5月10日から16日まで、JAさがみ・グリーンセンター綾瀬(以下、GC綾瀬)で実施します。

実験では、単に運搬を代行するだけでなく、電動車輌と大型保冷剤の導入による騒音やCO2の削減、青果物の保冷とそのモニタリングを常時実施、SNSを利用した青果物の販売と鮮度情報の提供等も行います。また、農家や利用者等に評価調査も実施し、今後、農業と住民をより有効的に結び付けるため、実験システムの課題発見と改善点の整理を行います。

慶応大学SDM、JA直売所への運搬代行システムに関する実証実験を実施

実証実験の概要・目的
SDMの研究グループでは、2012年度からJAさがみをフィールドとして、農業の現場の問題点を議論してきました。その結果、大きな問題点として、全国で爆発的に増加しているJAの青果物直売所へ、毎朝野菜を運搬し、また、売れ残った野菜を夕刻に回収する農家の人手不足や高齢化があげられ、今後、この状況が更に深刻化する可能性があることがわかりました。

農家が本来の農業に集中するためには、「青果物運搬を代行する地域社会システムの構築」が必要不可欠です。今回、産学研究グループを組織し、各機関の強みを活かす事で、これまで以上に、社会的に付加価値の高いシステムのベースを構築しました。構築したシステムは、運搬の代行以外に、主に4つの特徴があります。

(1)電動車輌と大型保冷剤の導入による騒音やCO2の削減
(2)青果物の保冷とそのモニタリングを常時実施
(3)SNSを利用した当該青果物の販売と鮮度情報の提供
(4)実証実験で用いた保冷野菜と既存の運搬方法で運んだ野菜の味・効能の比較

また、今回の実験は、日々青果物の運搬を行う農家やJAの来店者、JA等に評価調査(ヒヤリング調査等)も実施し、実験システムの課題発見と改善点の整理を行うことを目標にしています。今後、本実験は、夏・秋・冬にもGC綾瀬で実施予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  2. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  3. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  4. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  5. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  6. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  7. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  8. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  9. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  10. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  2. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  3. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  4. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
ページ上部へ戻る